Chapter.1 あこがれ率、高し![フォトグラファー]

フォトグラファー

フォトグラファーのシゴトって?

「華やかな業界ってかんじ」「モデルとか撮るんだよね?」…
というイメージ、それは実際の現場のごく一部。
フォトグラファーは、カメラを持った堅実なシゴト人なのです!

よく使われる「カメラマン」は和製英語で、写真の撮影者は英語で「フォトグラファー」と言います。日本では両方が使われていますが、ここでは「フォトグラファー」で説明していきましょう。さて、日ごろ目にする新聞や雑誌などの写真、それらを撮影しているのがプロのフォトグラファーです。彼(彼女)らの大半は自分の作品を撮っているわけではなく、出版社や編集部などの会社、あるいは個人の依頼主から「こういう写真が欲しい」と依頼され、それを満たすカメラ、被写体、アングルなどを選び、依頼主が満足する写真を撮って初めて報酬を得ています。芸術的な感性も大切ですが、職業にするにはまず技術と知識の習得が必須。カメラの趣味人口に比べて職業人口が少ないのには、そういう背景があります。

収入・待遇

アルバイトであれば時給制、社員でもアシスタントなら10万円以下、というケースもありますが、あくまでスタート。将来的には独立、高収入も夢ではありません。新聞社では安定した給料が得られますが、大卒以上の学歴が必要だったり、写真に携われるかは配属次第という面も。

勤務時間

撮影対象に合わせて動くため、概して不規則。アルバイトなら決まった時間で働ける可能性もありますが、会社の考えや雇用形態にもよります。とくにアシスタント時代は自分で勤務時間をコントロールするのは難しいかもしれません。

フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるまでの流れ

こんなにある!フォトグラファーのシゴト

Scene.1 コマーシャル

企業が売りたい商品、料理など、広告・宣伝用の写真を撮影。モデル撮影ならスタイリスト、料理撮影ならフードコーディネーターなど、他の職種の人とシゴトすることも多い。あらゆるモノやヒトを美しく撮るための技術とセンスが求められる。

Scene.2 報道

新聞や週刊誌などの報道写真(社会、スポーツ、芸能などを含む)を撮影。ただし新聞では記者が撮影することもある(記者カメとも呼ばれる)。「真実」や「現場」を伝えるジャーナリズムの世界なので、記者精神のある人により適している。

Scene.3 ブライダル

通常の記念写真に加え、最近では式や披露宴のスナップを一冊のアルバムに仕上げて依頼主(新郎新婦)に提供するアート志向の写真が主流。高性能のカメラを持った素人に負けないプロならではのテクニック、アルバム作りのセンスも必要。

Scene.4 フリーランス(独立)

あらゆる依頼主と自由契約でシゴトをする。自分の好きな勤務体系・収入も夢じゃない。が、さまざまなジャンルの撮影依頼をクリアする腕が必要なので、独立後も努力あるのみ。営業力も必須。

Scene.5 記念写真

七五三や成人式、家族の記念写真など。多くは町の写真館で撮影される。

スポーツ、風景など、特定のジャンルで活躍するフォトグラファーも数多い。

フォトグラファー

就職&将来性

  • 新卒採用を行うスタジオはごくまれで、多くは中途採用。求人誌などをマメにチェックするといいかも。
  • 写真関係の専門学校に求人が出るケースもあるが、学校で写真を学んだことが必ずしも就職の条件ではない。「何日もスタジオに通って『雇ってほしい』と頼んだ」のが業界に入ったキッカケという人も。新聞社は大卒以上の学歴が求められ、多くは難関だが、就職すれば安定は得られる。
  • 写真のニーズがなくならない限り可能性は広がり、独立も夢じゃない。札幌にも多くのフリーフォトグラファーが活躍しているし、東京進出だって視野に入れられる。腕がやりがいや充実感に直結し、自分らしく働けるシゴトだ。

どんな人が向いてる?

  • 自分の作品を売って成功できる〈写真家〉は数千人に1人と言われている。将来的にはそれが夢でも、まずは勉強ありき。カメラのシゴトに就いたなら「好きな写真を撮る」ことよりも、「写真のシゴトをする」ことに喜びを感じられる人が向いている。
  • 現在プロとして華やかに活躍している先輩たちは、みんな修業時代を耐え抜いた人。「自分もいつかは」と夢を持つ力が大切。
フォトグラファー

知っててトクする? 豆知識

東京と北海道の違いって?

フリーで活躍しようと思ったら、東京では〈モデル〉〈料理〉〈スポーツ〉など自分の得意分野を磨くのが○。媒体が多いため特定のジャンルでも仕事量が保てるし、営業の強みになる。反対に北海道(主に札幌)では、「なんでも撮れます」というマルチなフォトグラファーが重宝がられる。

撮影以外に必要なコトって?

コマーシャルの世界では店取材や地方ロケも多く、北海道の場合、移動は基本的にクルマ。最近は女性フォトグラファーも多いが、ペーパードライバーや方向音痴は苦労するかも…。

▲このページの先頭へ

アルキタ・オシゴト辞典