Chapter.2  音の現場にこのプロありき! PAエンジニア

PAエンジニア

PAエンジニアのシゴトって?

ライブハウスで「卓」を操作している人、見たことない?
PAとは豊富な機材と鋭い耳を駆使し、演奏しやすい&聴きやすい
環境をつくる音響のスペシャリストなのです!

「PA」とは「Public(大衆) Address(演説)」の頭文字をとったもの。イベント会場でマイクやスピーカーなどの機材を使い、声や音楽を観客に伝えるのがPAエンジニアの役割です。イベントの趣旨や会場に合わせた機材選び、ステージのセッティングも担当。リハーサル、本番を通して、すべてのマイクが拾った音を「ミキサー卓」と呼ばれる機械に集め、それぞれの音量や音質を調整して最高の状態でスピーカーに送り出します。例えば私達がライブハウスでバンドの演奏を楽しむとき、ドラムやギターの音、ボーカルの声がトータルでバランスよく聴こえるのは、PAエンジニアが調整した音がスピーカーで鳴っているからです。また、ステージ上のアーティストが自らの演奏を聴くための「モニタースピーカー」の音づくりも大切なシゴトです。

収入・待遇

アルバイトなら時給や日給。社員なら規定の給料が得られますが、新人時代は一般企業の平均的な初任給より下回るケースもあります。音響専門の社員としてホテルに就職すればホテル規定の給料が得られます。いずれも会社次第と言えるでしょう。独立すれば高収入も目指せます。

勤務時間

イベントが多い土日・祝日の勤務は必須。音響プランの作成や打ち合わせなどは平日に行なわれることが多いですが、新人時代はまずたくさんの現場を経験することが第一。会社員なら規定の勤務時間や休日はありますが、シゴトの内容に応じて不規則になる場合が多いでしょう。

PAエンジニアになるには

PAエンジニアになるまでの流れ

こんなにある!PAエンジニアの現場

Scene.1 音響会社

各種コンサートやイベントの音響プランニング&オペレート、音響機器のリースなどを行うのが音響会社。腕を磨けば多彩な現場でPAとして活躍できる。道内には20社以上の音響会社があり、事務所は主に札幌。

Scene.2 ホテル

結婚式や式典が頻繁に行われるホテルはPAが欠かせない現場のひとつ。最近では音響専門の社員を抱えるホテルも増え、採用されれば安定した給料で働くことができる。「いろんな現場に足を運びたい」という人には不向きかも。

Scene.3 ライブハウス・コンサートホール・会館

ホールを経営、または管理する会社に入り、専属のPAとして働く。札幌市内のライブハウスでも多くの専属PAが活躍している。ドリンクカウンターやチケットもぎりなど会場運営全般のシゴトをしながら経験を積む場合も多い。

Scene.4 フリーランス(独立)

あらゆる依頼主と自由契約でシゴトをする。一流になればコンサートで有名歌手から指名されることもあり、高収入が望める。自前の機材(ミキサーやスピーカーなど)を揃えたり、現場それぞれの機材を使いこなす腕も求められる。

知っておきたい!PAエンジニアの3ステップ
PAエンジニア

就職&将来性

  • 規模の大きな音響会社は新卒採用も行うが、ほとんどが中途採用。即戦力を求めて専門学校などに求人を出すケースも多いので、学校や業界の関係者でない場合は自力で情報を集める努力が必要。
  • 業界内でいま注目度が高まっているのが、舞台関係で唯一の国家資格である「舞台機構調整技能検定」。もとは会館やホールの音響技術者のための試験だが、公共のホール管理が指定管理者制度に移行するため、受験者数が増えている。筆記と実技試験があり、3級が初心者、2級が中級者、1級は上級者。PAは資格がなくてもできるが、資格保持者は就職の際に優遇されることもあるので、要チェック。

どんな人が向いてる?

  • 依頼主(演奏家やイベント主催者)の求める音を実現するのが使命なので、コミュニケーション能力は必須。音響の責任者になればイベント進行状況の把握、トラブルへの臨機応変な対応も求められる。
  • バンドなどでの楽器演奏経験者が多い。演奏者の立場が理解しやすいメリットはあるが、その経験が必ず必要というわけではない。
PAエンジニア

知っててトクする? 豆知識

東京と北海道の違いって?

有名歌手のほとんどは東京から専属のPAを連れてツアーをまわる。現地の音響会社では機材の用意やセッティングのみを行うことが多い。もしキミが「好きな歌手のPAを担当する」という夢を抱いているなら、東京での就職も視野に入れることを考えたほうがいいかも。

夏がピーク、冬は冬眠?

北海道は夏の屋外イベントが盛んなため、道内のPAは6月〜8月がフル稼働。遊ぶヒマはないと思ったほうがいいかも。反対に1月〜3月はイベントが少なく、シゴトが減るというのが一般的。

▲このページの先頭へ

アルキタ・オシゴト辞典