アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

学生プレス 北海学園大学 マチブラ部コラムその三十二 札幌市の北エリア食べ歩き後編

2022年3月9日 公開

皆さんこんにちは!
前回に引き続き札幌市北エリアの飲食店食べ歩きルートをご紹介致します。
北海学園大学マチブラ部
twitter:@hgu_machibura
●今回の紹介担当
遠藤雅也
北エリア食べ歩きルート担当の遠藤雅也です。大通公園より北にある7店舗を前編、後編に分けてご紹介します。後編はクラーク亭→カラメル雑菓店→コンガリーナの順です。
後編スタートです。まず私たちが向かったのは北海道大学の向かいにあるクラーク亭というお店です。 
30年ほど前から営業しているお店で、昼はサラリーマン、夜は北海道大学の学生さんの利用が多いそうです。主にハンバーグとチキン料理を提供。店内は喫煙席と禁煙席で分けられており、タバコを吸わない方への配慮がなされています。他のお客様もいらっしゃったため撮影することはできませんでしたが、店内は落ち着いた雰囲気で、ゆったりと食事をするには丁度いい空間でした。
私が食べた人気商品であるチーズハンバーグはライスとスープがついてなんと770円!さらにライスは大盛り無料!学生さんに良心的なお店ですね。
ハンバーグはチーズとの相性が抜群で、とてもジューシーで美味しかったです。お店の方は「量も多いし味も確かなので、学生の皆さん是非食べに来てください!」とおっしゃっていました。皆さん是非行ってみてください!  
 
クラーク亭を出発して北方向にしばらく歩くと、次の目的地であるカラメル雑菓店に到着しました。
店内はお客様と密にコミュニケーションがとれるアットホームな空間です。

私たちは3つのソフトクリームを注文しました。
1つ目は、濃厚マスカルバニラです。濃厚ですが滑らかでくどくなくフレッシュ感があります。ワッフルコーンとの相性も抜群でした。
2つ目は、期間限定のサツマイモソフトクリームです。サツマイモ感が非常に強く、まるでサツマイモを食べているようでした。トッピングのサツマチップスと大学芋が飽きさせないようアプローチしており、最後まで楽しめました。

3つ目は、北のモンブランソフトです。酸味があり、まるでいちごのシャーベットを食べているようでした。チョコチップや苺の果肉も入っており、3段階で楽しめる工夫もされていました。
店長さんは元調理師で、様々な工夫をした新作のソフトクリームを月イチで販売していようなので、ぜひ皆さんも通ってみてください!
  
カラメル雑貨店を出発し東に向けて歩き、閑静な住宅街をしばらく北上すると、いよいよ最後の目的地であるコンガリーナに到着です。
コンガリーナは2012年にオープン、安心安全・お手頃価格で老若男女問わず愛されるクロワッサン専門店だそうです。クロワッサンの専門店って珍しいですよね。10時に開店し、12時過ぎには人気商品が売り切れ、早ければ15時過ぎには完売する人気店のようです。

店内に入ると、ほんのりとしたバターの香りが店中に立ち込めていました。奥では、従業員さんが黙々とクロワッサンを焼いていました。おやつになるような甘いものから、ランチにぴったりの塩気のあるものまで30種類程販売されていました。人気商品は、コンガリ―ナクロワッサン・プレーンとコンガリーナクロワッサン・シュガーです。どちらも「大きいのにお手頃」ということが人気の理由のようですね。
店主さんのイチオシ商品は北海道クロワッサンです。「北海道」の名前が付くだけあって、道産小麦、道産牛乳、別海町の濃厚な発酵バターをたっぷりと使用した、こだわりの一品だそうです。
 
どれも美味しそうで迷いましたが、一番人気であるコンガリ―ナクロワッサン・プレーンを買いました。ほんのりとバターの香りが口に広がり、外はサクサク、中はふわふわで美味しかったです。
売り切れるのが早いので、お目当てのクロワッサンを食べたければできるだけ早くお店に行くことをおすすめします!

前編と合わせ、ここまで読んでくださりありがとうございました。今回、ご紹介したルートを実際に巡っていただき、札幌市の魅力を是非とも体感してみてください。次回は、北エリアの景観ルートをご紹介します。お楽しみに!
それでは、よいマチブライフを…