札幌のバイト情報アルキタから
学生歓迎のみの求人をピックアップ

2021年2月19日 公開

MOVIEコラム 学生生活が過ぎる前に、私は映画館に行く scene44

映画大好き!な現役学生がみんなに見て欲しい作品をご紹介!
今月は『ベイビーティース』『ライアー×ライアー』『あのこは貴族』『太陽は動かない』をピックアップ。
●コラム担当学生スタッフ
北星学園短期大学1年生
本間架音さん

病を抱える少女と孤独な不良青年の恋
『ベイビーティース』

難病を抱える女子高生のミラ(エリザ・スカンレン)は、ある日駅のホームで出会った不良少年モーゼス(トビー・ウォレス)に恋に落ちる。先の見えないどんよりとした日々を送っていたミラの生活は、モーゼスと出会ったことで色鮮やかに輝いていく。ミラの心の変化が繊細に美しく描かれ、病気がテーマでありながらそこまで重苦しいストーリーではありません。ぜひ気軽に見に行ってほしい映画です!

『ベイビーティース』

公開劇場:サツゲキ
公開日:2021年2月19日(金)〜
監督:シャノン・マーフィ
出演:エリザ・スカンレン『ストーリー・オブ・マイライフ/私の若草物語』、トビー・ウォレス(『シークレット・オブ・ハロウィン』) 他
(c) 2019 Whitefalk Films Pty Ltd, Spectrum Films, Create NSW and Screen Australia
公式URL:https://babyteeth.jp/

義理の弟が恋したのは、JK のフリした私!?
『ライアー×ライアー』

女子大生の湊(森七菜)は、両親の再婚で義理の弟になった同い年の透(松村北斗)と同居中。超無愛想だけどイケメンで女癖の悪い透が原因で、 2人の仲は常にギスギス。湊はある日、モデル撮影の依頼でギャルJK姿で渋谷に出ると、透に遭遇。湊はとっさに別人・みなと名乗ると、透はまさかの猛アプローチ、どうする姉・湊!?
湊とは対照的に、オトナの雰囲気の親友・真樹役、堀田真由にも注目だ。

『ライアー×ライアー』

公開劇場:札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌
公開日:2021年2月19日(金)〜
監督:耶雲哉治『映画刀剣乱舞』
出演:松村北斗『映画 少年たち』、森七菜『天気の子』 他
(c) 2021『ライアー×ライアー』製作委員会 (c) 金田一蓮十郎/講談社
公式URL:https://liarliar-movie.asmik-ace.co.jp

「最高という日もあれば泣きたくなる日もある」よね

『あのこは貴族』

東京の上流家庭に生まれ育った「箱入り娘」と、猛勉強して入った慶應義塾大学を家庭の事情で中退した「上京組」。異なる境遇を生きる2人の女性は、やがて一瞬人生を交差させ、恋愛や結婚だけではないそれぞれの人生を切り拓いていく。そんな姿を小気味よく、鮮やかに描いた映画。
脚本、つまりセリフ周りがしっかりしているから主人公の門脇麦さんからお姉さん役の石橋けいさんまで、それぞれのキャラクターに魅力と面白さがある。東京と地方、それぞれの街で生きる人々の描き方に偽りがない。

『あのこは貴族』

公開劇場:ユナイテッド・シネマ札幌
公開日:2021年2月26日(金)〜
監督・脚本:岨手由貴子『グッド・ストライプス』
出演:門脇麦『チワワちゃん』、水原希子『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』 他
(c) 山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会
公式URL:anokohakizoku-movie.com

アクションシーンが奥行き感MAXでスクリーン鑑賞必見!
『太陽は動かない』

心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野と相棒の田岡。24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦が始まる。次から次へと困難が襲い来る極限の状況の中、2人の心臓爆破のリミットは迫っていた。
ブルガリアなど大規模な海外ロケでのアクションシーンは外国映画にも見劣りしないスパイ映画である。『海猿』シリーズ(04〜12)など全部観てきたが、羽住監督作品の中で一番好きなアクション映画だった!

『太陽は動かない』

公開劇場:札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌
公開日:2021年3月5日(金)〜
監督:羽住英一郎『暗殺教室 卒業編』
出演:藤原竜也『カイジ ファイナルゲーム』、竹内涼真『センセイ君主』 他
(c) 吉田修一/幻冬舎c2020 映画「太陽は動かない」製作委員会
公式URL:taiyomovie.jp

★プレゼント★

『ライアー×ライアー』オリジナルステッカーを5名様にプレゼント!
応募締切:2021年3月1日(月)13時
詳細はアルキタ学生バイトTwitterを参照下さい。