札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報配信中

2019年4月19日 公開

志望動機の書き方を徹底解説。面接で効果的に自分をアピールするコツまで紹介。

志望動機の書き方を徹底解説。面接で効果的に自分をアピールするコツまで紹介。

履歴書の記入欄や面接の場で、必ずといっていいほど尋ねられるのが志望動機。書くのが面倒なあまり、ネットで拾った志望動機をwebの応募フォームにペーストしたものの、面接でそれを忘れてしまって冷や汗…なんて失敗をした人もいるのでは。

そもそもバイト先が志望動機を聞くのは応募者の「働きたい気持ち」の強さを知りたいから。その気持ちが強いほど、長く真剣に働いてもらえると考えているからです。つまり志望動機をしっかり伝えられれば、採用される可能性もぐっと高まるというわけ。なのでまずは「アルバイトをしたい理由」から考えてみましょう。

すべて読み終えると、採用担当者の目を引く履歴書・志望動機の書き方や面接のノウハウをつかむことができるはず。念願のあのバイトもスムーズにゲットできそう!

志望動機ってどうやって書くの?志望動機の考え方・書き方のコツ

【バイトをする目的を考えよう!志望動機を書くための下準備】
志望動機とは、「バイトをする目的」と「応募理由」のこと。それを採用担当者にわかりやすく伝えることが採用に繋がります。
志望動機を問われると、なんだかハードルが高く感じてしまうもの。なので、2つの簡単な質問を用意してみました。この質問に答えるとあなたのアルバイトをする目的が明確になり、志望動機も書きやすくなるはずです。

1つ目の質問は『あなたが働きたい理由は?』というもの。多くの人は「お小遣いや生活費を稼ぐため」と答えるでしょうか。「学費に充てるため」「空いた時間を活用したいから」「バイトを経験してみたくて」という人だっているかもしれませんね。

2つ目の質問は『数ある求人の中からこのバイトを選んだ理由は?』です。「なんとなく」とか「たまたま求人を見た」という場合もあるでしょうが、そんな理由だと採用担当者はうれしくないはず。「家から近くて通いやすいから」「時給が高かったから」「前からやってみたい仕事だったから」「職場の雰囲気が良さそうに感じたので」など、『なぜこの職場なのか』をしっかりと答えることが大切です。

【応募理由を魅力的に伝えよう!志望動機を書くコツや例文を紹介】
アルバイトをする目的を明確にすると書きやすくなるのが志望動機。この章ではその志望動機を先ほどの『働きたい理由』と『志望先を選んだ理由』から導き出してみます。では具体的に履歴書にはどう書けばよいのでしょう。

前提として「近所だから」「時給が高いから」など一言で終わってしまうのはNG。また読みやすい文字で枠の中に上手にまとまるように書くことも大切です。いくら素敵な内容でも枠からはみ出した汚い字では印象も半減。逆に内容はさほどであっても、働きたいという真剣な思いがあなた自身の言葉で書かれていれば、採用担当者が抱く印象はぐっと良くなるものです。

例えば志望動機が「学費を稼ぐため」の場合、その一文だけより「学業に専念しながら学費を稼ぐために、自宅に近く通勤も便利な上に、時給的にも好条件のこちらに応募しました」と書いた方が目的がはっきり伝わって好印象になります。同様に「やってみたい仕事」だった場合も「卒業後はアパレル業界勤務を志望しており、貴店でファッションや販売に関する知識や経験を積ませてもらおうと考え応募しました」という方が前向きさが伝わります。

ちなみにネットに掲載されている書き方の例などは参考にする程度にとどめておきましょう。これらの情報はパターン化されており、それを採用担当者も目にしています。履歴書では利用できても実際の面接では必ず見抜かれてしまう、と考えた方が無難です。

自己PRの書き方はどうしたらいい?バイトのスキルや人生経験を生かした書き方

【スキル・経験を書き出そう。自分の魅力を再発見】
自己PRとは、スキルや経験、性格や特技など「あなたの強み」を伝えること。その強みが仕事に活かせるものであればあるほど、採用が近づきます。
志望動機と並んで書きづらいのが履歴書の自己PR。「まだ学生だもの、バイト先に自慢できることなんかない」なんてよく耳にする話。でもちょっと待って。あなたにとっては当たり前のことでも先方にとっては、大きな魅力だったり最適な素質だったりすることもあるのです。履歴書に記入する前にいろいろと書き出してみましょう。

まずは「免許・資格」。自動車免許、英語検定、接客マナーの研修経験、パソコンスキル…取得した順番に書き出してみます。取得済みに限ったことではありません。これから取得する予定のものに関しても「インテリアコーディネーター検定の勉強中」「調理師の資格取得に向け勉強中」などと書き並べてみます。

次に書き出すのは「経験」です。最初にこれまでのバイト経験をピックアップしましょう。「コンビニで週3回、各5時間程度。接客や品出し、陳列なども経験」「大学生の頃は飲食バイト一筋。ホールの他、厨房補助も経験」「コールセンターで通販のサービスのご案内などを経験」など、仕事内容が分かるよう少し詳しく書くのがコツです。

さらに学校生活での経験も書き加えます。ポイントはそれを通じて学んだことや得たものを添えること。「中学・高校ともに野球部。連日ハードな練習を続けてきたので体力には自信がある」「高校3年時に生徒会の会長になった。たくさんの人の意見に耳を傾けたり、1つにまとめていく力を養った」などが好例です。

最後に趣味や習いごとなども列記しましょう。「フラワーアレンジメントを習った」「プログラミングを勉強している」「料理教室に通いだした」一見無関係に思えても募集職種や職務内容に関連していれば武器になることもあるのです。次章ではこうして書き出したあなたのスキルや経験を、自己PRの文章に仕上げていきます。

【スキル・経験をわかりやすく伝えるためには?自己PRのまとめ方】
前章で書き出したスキルや経験を採用担当者に分かりやすくまとめて伝えることが大切です。
今、あなたの目の前にはあなたが得てきた資格や経験、経歴などがラインアップされているはず。ではその中から自己PRに最適なものを1〜2つほど選び出しましょう。選び出すコツは「応募先が求める人材に最もマッチする資格や経験はどれか?」「その企業や店舗に採用された場合、そこで発揮できる資格や経験はどれか?」という視点を持つこと。

例えば配達のバイトであれば「自動車免許を持っている」は大きな武器になりますし、引っ越し関連のバイトなら「部活のおかげで体力には自信がある」こと、花屋での販売スタッフなら「趣味でフラワーアレンジメントを習った」こともプラスに働くはずです。塾の講師のバイトならあなたの学歴がものを言うかもしれません。反対に、車を運転しない職場なのに運転経験をチョイスするのは無意味。あくまでも募集先の仕事に有利に働くものを選びます。

では選んだスキルや経験を自己PRの文章に落とし込んでみます。大切なのは志望動機と同様に一言で終えないこと、読みやすい文字で枠の中に上手にまとめること、さらにスキルや経験を具体的に表したエピソードとそれが仕事にどう生かされるのかまで書き込むこと。

最初に免許・資格を自己PRのポイントにする場合。自動車の免許をPRするなら「2年前に免許を取得し、父親の送迎や休日のドライブなどで週に2〜3回は運転しています。これまで無事故無違反で、安全運転にも自信があります。周辺の地理も理解していますので、配達のバイトは適任だと思います」など。

次に「経験」を自己PRのポイントにする場合。フラワーアレンジメントを習った経験をPRするなら「花が大好きで1年間ほどフラワーアレンジメント教室に通っています。バイト経験はありませんが、大好きな花々に囲まれながらお客様に笑顔で接したり、スタッフのみなさんの花束づくりなどのお手伝いができればと考え応募いたしました」などの書き方がいいでしょう。

面接で緊張せずに、自分をしっかりアピールするコツ

前章で履歴書に書き込むことができた志望動機や自己PR。それをあなたの声で伝える場が面接。ちょっとした心遣いや工夫で、面接官の印象もかなり変わってきます。

【面接で工夫・意識したい声のトーンや話す速さ!】
まずは面接に臨む際の服装の話から。企業の面接官へのアンケートでは半数以上が「襟の付いたシャツやジャケットなどきちんとした服装がのぞましい」という回答。ラフな服装もOKという声もありましたが、「無理してスーツで来なくてもいいです」というニュアンスが多いようです。「服装は採用に影響するか」の問いに「しない」と答えたのは全体の2割ほどという点からも、清潔できちんとした服装で行くのがベターと言えそうです。
もっと詳しく知りたいという人は、以下のページを参考にしてください。

採用担当者に聞きました【面接の服装どこまでOK?】(アルキタ)

また面接官に聞くとうっかり間違いや忘れ物をする応募者も多いとか。(持参を指定された場合)履歴書は持参したか、記入漏れはないか、写真の貼り忘れはないか、携帯電話は持ったか、筆記用具は用意してあるかなど、事前にしっかり確認しておきましょう。また電車の遅れなどのアクシデント対策として先方の電話番号をメモしておくことも重要。もちろんそうなった場合は直ちに連絡を入れます。

いよいよ面接。基本的に遅刻は厳禁。少なくとも指定された時間の5分前には面接会場に到着しているようにしましょう。

次は緊張せずに自分をしっかりアピールするコツです。まずは姿勢。緊張すると肩に力が入ってしまうもの。肩の力を意識的に抜き、リラックスした精神状態が続くよう配慮しましょう。椅子の前半分くらいに腰を降ろし、背筋は背もたれによりかからずにぴんと伸ばします。足先は男性は肩幅くらい、女性は両足をそろえるよう意識するときれいな姿勢に映ります。

また聞かれそうなことはあらかじめ回答を準備しておくことも、面接で緊張しない秘訣。前章でまとめた志望動機や自己PRのほか、勤務開始できる時期、勤務可能な時間帯、通勤の手段、さらに前のバイトを辞めた理由なども聞かれるかも。事前に回答の書き出しや声出し練習をしっかりしておくと安心です。

話し方やそぶりも印象を大きく左右するもの。目線は面接官の目のあたりに定めます。キョロキョロしたり伏せ目がちな様子はマイナスの印象となるから注意。面接官から質問されたときは、口をしっかり開けてハキハキと話します。緊張すると早口になりがちなのでいつもよりゆっくりと。少し高めのトーンで話すと、明るく元気な印象を与えます。

【面接までに準備しよう。実際の面接を想定した録音練習】
面接でのトークが上達する効果的な方法は、自分の受け答えを録音し話し方の癖や悪い点を客観的に知ること。

「志望動機は?」「自己PRをして」「これまでのバイト経験は?」などの質問を想定し、自分が回答する様子をスマホの機能などを使って録音していきます。

自分ではハキハキ話しているつもりでも再生してみるとそう聞こえなかったり、「えっと…」「あの〜」など間延びした言葉を連発していたり、あるいは敬語の使い方が間違っていたり…。けれど何度か録音・再生を繰り返すうちに、次第に声のトーンや伝え方が上達していくはず。当日面接に臨む自信もつくので、ぜひトライしてみて!

今回ご紹介した志望動機の書き方のポイント!

◎バイトをする目的を考えておきましょう。 
◎アルバイトする目的を明確にし自分の言葉で志望動機を記入しましょう。
◎スキルや経験を書き出して自分の魅力を再確認しましょう。
◎自己PRは、自分のスキルや経験を、エピソードを交えながら分かりやすく伝えましょう。
◎面接ではマナーを守って好印象を与える工夫をしましょう。
◎練習を録音するなどして面接に備えましょう。

アルキタ流!札幌バイト白書
最新記事5件

さっぽろイベントバイト【さっぽろオータムフェスト】 2019年9月2日 公開

札幌のイベントで短期バイトしよう!さっぽろオータムフェスト編

北海道の夏フェスバイト【ライジングサンロックフェスティバル】 2019年8月5日 公開

北海道の夏フェスで短期バイトしよう!ライジングサンロックフェスティバル編

さっぽろイベントバイト【ビアガーデン】 2019年7月29日 公開

札幌のイベントで短期バイトしよう!ビアガーデン編

さっぽろイベントバイト【さっぽろライラックまつり】 2019年5月13日 公開

札幌のイベントで短期バイトしよう!さっぽろライラックまつり編

さっぽろイベントバイト【札幌ラーメンショー】 2019年5月9日 公開

札幌のイベントで短期バイトしよう!札幌ラーメンショー編