アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2016年9月12日 公開

Bentham

責任から逃げずに働いた経験は人生のプラスに。

写真左から、鈴木敬さん(D.Cho.)、小関竜矢さん(Vo.G.)、辻怜次さん(B.)、須田原生さん(G.Cho.)
この7月に4枚目のEP『ExP』をリリースし、ますます注目を集めている4人組の若手ロックバンド「Bentham(ベンサム)」。彼らの出会いを引き寄せたのはアルバイトだった。

16歳になったと同時に初バイトにチャレンジ!

──初めてのバイト経験は?
小関(敬称略。以下同) 僕は高校1年生の時。目的があるというよりは、働いてみたいという気持ちが強くて、16歳の誕生日を迎えたらすぐにコンビニでバイトを始めました。
須田 僕も同じく16歳。バイクの中型免許の取得費用を1カ月で貯めるぞ!と気合いを入れ、学校が始まる前の朝6時〜8時はコンビニ、夕方から夜の10時くらいまでは宅配寿司のデリバリー係を掛け持ちしてました。
小関 あ〜!朝、コンビニにいたいた(笑)!須田と僕は地元が一緒なんですよ。
須田 ちなみに、寿司の配達先がスポーツ選手やアーティストのお宅だったこともあって、“うわ〜スゲ〜!”って思いながらも、仕事だから冷静なフリをして対応してました(笑)。
 僕の高校は進学校だったのでバイトは禁止だったんですよ。だから大学進学で上京してから、塾講師やフェスの機材搬入・搬出のバイトを経験しました。
鈴木 フェスの仕事って派遣だよね? 僕も高校2年生の時に派遣のバイトに登録して、工場の軽作業やポスティングをやりました。当時は音楽を始めたばかりで、楽器を買ったり、スタジオで練習したり、何かとお金が必要だったんですよね。

スタジオのバイトが、メンバーの出会いの場。

──思い出深いバイト先は?
 メンバーの出会いとなった音楽スタジオのバイトですね。
小関 僕と須田は前身のバンドの時代から辻君がバイトしてるスタジオに通ってたんです。
 オゼ(小関さん)は店長とも仲が良くて「ハタチになったら働きなよ」って声を掛けられてたね。
小関 当時はベースとドラムが抜けちゃって、バンド活動が停滞気味。僕は17歳のころから父の美装屋さん…簡単に言うとハウスクリーニングの仕事を手伝ってるんですけど、ハタチを目前にふと思ったんです。“俺はバンドをやりたいのに何を出窓の掃除なんかしてるんだ”と(笑)。少しでも音楽に触れられるスタジオで働かなきゃって思って、すぐに電話をかけました。
須田 僕もハタチになったらそのスタジオで働こうと思ってたんだけど、オゼに取られちゃって…。
 オゼの加入で募集終了〜だったね(笑)。
小関 バイト先で辻君との距離をグッと縮めてベースに誘った後、先輩スタッフから“やべぇヤツ”がいるというウワサを聞いたんです(笑)。スタジオでいつもドラムを一心不乱に叩いてる人がいるって。
 そのお客さんがタカシ(鈴木さん)です。
小関 タカシが練習する日とシフトが重なった時、スタジオの外でドラムの音を盗み聞きして、なるほど、ウマイな〜と(笑)。で、ちょっとフライング気味に機材の入れ替え作業でタカシがいるスタジオの中へ入って、「お疲れ様です。僕らのバンドで叩きませんか?」って誘って。それで今の「Bentham」が出来上がりました。
──スタジオのバイトは音楽活動にも役立つ?
 有名なアーティストがスタジオに入ることもあるので、合間にツアーやレコーディング機材について話を聞かせてもらったり。勉強の機会は多いですね。
小関 今、フェスでトリを飾るような人気バンドが3〜4組一斉にスタジオを使う時期もありました。朝から晩まで缶詰で、疲労困憊しながらも曲を作る姿を見て、売れるバンドの陰には大変な努力があるんだと刺激を受けたのはデカかったですね。

バイトは好きなことや興味のある分野で選ぶべし!

──バイトの良いところって何でしょう?
小関 お金を稼ぐことの重要さを早いうちから知れることですね。僕もハウスクリーニングのバイトで汚いトイレを掃除したり、大家さんから理不尽に怒られたり、イヤなこともあるけれど、責任から逃げずに働いた経験は必ず人生のプラスになるはず。
須田 うん。社会に出るとやりたくないことをやらなくちゃならないシーンは絶対に訪れるからね。僕は正社員として働いていたこともあって、見てるとバイト経験が豊富な新人さんのほうが周りの空気を読んで、より早く職場になじめてた気がします。
 社会性や人間性も含めて自分を成長させられる場所だよね。たとえ叱られたって、その経験が生きることも多いと思います。
鈴木 確かに。僕はイベント会場設営のバイトをしていた時、台車に機材を載せてフツーに坂道を下ったら、見事に崩れ落ちて怒られたんですよ…以来、坂道で機材を運ぶ時には、体を台車よりも坂の下側に回すようにしています(笑)。
須田 最近、機材を運んでてタカシに注意されたよね。「下に行ったほうが良い!」って(笑)。
 最後に一つアドバイスしても良いですか。バイトでの出会いを大切に! だって、もし僕がスタジオで働いてなかったら、今この場所にはいないですからね。
小関 僕も最後の最後に付け加えてもいいですか(笑)。バイトは時給で選ぶな! 好きなことや興味のある分野を選ぶべし!そうすると、僕らみたいにお互いの道が未来につながっていくような出会いも手に入ると思いますよ。

★Benthamの思い出バイト★

鈴木敬さん/イベント設営
台車に機材を載せて坂道を下る時、崩れ落ちてしまい…。以来、自分の体を坂の下側に回すことを徹底(笑)!
小関竜也さん/スタジオ
辻君のバイト先で僕もバイトをスタート。先輩バンドが売れていく流れを目の当たりに出来たのが刺激になりました。
辻怜次さん/スタジオ
メンバーと出会った感謝すべきバイト先。スタジオを使ってくださる有名アーティストと飲みに行ったこともあります!
須田原生さん/宅配寿司
音楽をやっていた店長からギターをもらいました。ボロボロだったけど、最近リペア&修理して現役で使ってます!

<プロフィール>
Bentham

2010年結成。自主制作のデモ音源や自主企画イベントなどの活動を展開。2014年春にはKEYTALKのツアーゲストとして抜擢されるなど注目を浴びる。同年10月に「Public EP」でデビュー。突き抜けるようなハイトーンヴォイスとキャッチーでエモーショナルなメロディーを武器に、今後、さらなる活躍が期待される。

<インフォメーション>

●最新リリース情報
「ExP」
KOCA-91/1,800円(税抜)
●ライブ情報
「TOWER RECORDS SAPPORO PIVOT
20th Anniversary
NOrth MUSIC, NOrth LIFE. Vol.13」

9/24(土)札幌BESSIE HALL
開場17:30/開演18:00
お問い合わせ
タワーレコード札幌ピヴォ店 TEL 011-241-3851
SMASH EAST TEL 011-261-5569

バイトがあって今がある
最新記事5件

COLOR CREATION 2019年11月4日 公開

ちょっとやそっとで折れない心を培ってくれたのがバイト!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2019年10月21日 公開

バイト先でお客さんに喜んでもらうのって、エンタメと一緒だと思う。

感覚ピエロ 2019年10月7日 公開

まず一歩を踏み出さないと、何も始まらないよ。

ラッパー/シンガー ちゃんみなさん 2019年9月23日 公開

バイトで得られた経験は、時給の何億倍もの財産!

lol(エルオーエル) 佐藤 友祐さん 2019年9月9日 公開

目的を明確にすると、モチベーションもアップ!バイトは楽しくやらなくちゃ!