アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2015年8月24日 公開

JOIN ALIVE[2015年7月19日出演アーティスト]特別編

JOIN ALIVE特別編第2弾!
アーティストのバイト体験談をダイジェストでご紹介!

JOIN ALIVE(7/18・19開催)の会場内に設けられた特設ステージ【NORTH WAVE×アルキタ JOIN STUDIO】で行われたゲストトークには、アツいライブを繰り広げたアーティスト達が続々と登場!「学生時代はどんなバイトをしていましたか?」「バイトで得られたものは?」アルキタならではのバイトにまつわるお話も飛び出したJOIN STUDIOの様子を、ダイジェストでご紹介します。

【三戸なつめ】
〜声が通るのはバイトのおかげ?!〜

JOIN ALIVE2日目、【NORTH WAVE×アルキタ JOIN STUDIO】に最初に登場したのは、JOIN ALIVE初参戦でFUTURE FLOWERのトップを飾りライブを終えたばかりの三戸なつめさん。おなじみの前髪に、自身の似顔絵が描かれた白いTシャツと赤のスカートという、「紅白でめでたい」出で立ちでステージに現れると、会場に駆けつけた女の子たちからは「かわいいー!」の歓声があがりました。
Q.これまでに体験されたことのあるアルバイトのお話を伺ってもいいですか?

結構いろいろやってきたんですけど、今日岩見沢に来て景色を見て懐かしいなと思い出したのが、ゴルフのキャディーさんのアルバイトです。芝生とか遠くまで空が抜けている感じが懐かしいな〜と思いました。
Q.キャディーさんはゴルフの知識も必要なのかなって思うんですが、ゴルフはされるんですか?

ゴルフはしたことがなかったんですけど、ゲームではよくやっていて(笑)。だから、キャディーさんのバイト、行けるんじゃないかなって始めてみたんです。1、2カ月の間、研修で先輩キャディーさんの後ろでずっと見させてもらって、その後で一人前になってお客さんにつかせてもらうんですけど…すごい体力がいる仕事なんですよね。

Q.ずっとゴルフのバッグを持ったりもするんですか?

いえいえ、今はカートというものがありまして!私、運転免許は持ってないんですけど、カートは免許を持っていなくても運転できるんです!だから乗り回してましたよ〜。
Q.キャディーさんをしていた時の髪型は?

その時も前髪、短かったですねー。だから、お客さんのおっちゃんとかにすごい覚えてもらえたりはしました。「あの前髪短い子、いる?」とか指名して頂いたり。特徴的だからすぐ覚えてもらえるみたいなんですよね。

Q.アルバイトが今の活動に生かされてるなって感じる事はありますか?

キャディーさんはホント体力勝負だったんですけど、その時養われた体力は生かされてるかなって思います。こういうフェスだったり、地方にまわることがすごい多かったり、ファッション雑誌に出させて頂くこともよくあるんですけど、やっぱり体力がなかったら出来ないので。それと、「意外と声が通るんだね」って最近言われることがあるんですけど、「ナイショーーッ!」とか「ファーー!」とかキャディさんしてたときに声出してたのが良かったのかも、今の自分の声の出し方につながっているのかもって思いました。
「若い女の子はあまりやっていなかったけど、楽しいアルバイトでしたよ」と笑顔で話してくれた三戸さん。最後は集まってくれたお客さんと一緒に、「前髪チョキチョキ」をしてスタジオトークを楽しく締めてくれました。

プロフィール

2010年に関西で読者モデルとして活動を開始、その後圧倒的な支持を得てトップ読者モデルに。2015年4月、中田ヤスタカをプロデューサーに迎え「前髪切りすぎた」で歌手デビューを果たした。

information

●リリース情報
配信限定「わたしをフェスに連れてって」8/5(水)配信スタート
MV:https://youtu.be/DnHi1U4kAGg

CD「8ビットボーイ」9/16発売
[初回盤/フォトブック仕様]AICL 2956〜2957 1,800円
[通常盤/CDのみ] AICL 2958 1,000円

【サンボマスター】
〜バンド活動を応援してくれた、出会いに感謝!〜

続いてJOIN STUDIOに登場したのは、ROSE STAGEのトップバッターを務めたサンボマスター。JOIN ALIVEの常連でもある彼らは「1発目から皆さんの熱気がすごくて。ライブでチカラを使い果たしてしまって、なかなかキレがあることが言えません、申し訳ありません(山口さん)」と言いながらも、3人の絶妙な掛け合いで楽しいトークを繰り広げてくれました。
Q.学生時代のアルバイト経験ってありますか?

木内:いっぱいしてましたよ。僕は「海援隊」っていう居酒屋で働いてました。そこの社長が坂本龍馬の大ファンで、坂本龍馬の写真と武田鉄矢さんが来店したときの写真を飾ってあったり、そのお店で出すボトルの焼酎は「龍馬」っていう名前だったりするお店でした。

近藤:厨房入ってたんだよね? 当時、「日本にいるゴキブリ、全種類見た!」って言ってたよね。
(会場、笑い)

木内:でかいのから小さいのまで、いろんなサイズのをね…って、やめとけよ!

山口:店の名前言った後でゴキブリの話暴露しちゃってどうするんだよ。

木内:それは大丈夫。店、もうないから(笑)。

山口:潰れたのか!

木内:「いらっしゃいませ!」とか「ありがとうございました!」とか、結構頑張って言ってたんですけど、「もっと元気良く!テンション低いよ」って言われたりしてましたね。
Q.では、テンションの上げ方は鍛え上げられた?

木内:…ないですねぇ。

山口:ないのかよ!バイトの経験を生かせよ!でも、やっぱりほら、はっきり受け答えができるようになったとか?ね?どうなのそれは?
木内:…いや、3回くらい聴き直されたりしてましたね。

山口:全然生かされてないよ(苦笑)。

木内:でも、バイトしていた時のつながりで今でも仲良くしてる人はいて。『キックの鬼』っていう音源があるんだけど、そのジャケットは僕とその仲良くなった彼と二人でずっと向こうの家で作ってたりとかしたんですよね。人のつながりっていうのはバイトを通してありますね。

近藤:学生時代もそうですけど、学生じゃなくなったときにもバンドを続けるのにやっぱりお金が必要でしたから、アルバイトはやりましたよね。

山口:僕もやっていましたね、医療用文献のコピーとかするバイト。バイトしながらバンドやってると、「この日休みたい」ってなかなか言えないんですよ。ライブだから休むんだろうってみんなにばれちゃったりして。だから、バンドのメンバーにはライブの日は外に言わないでくれって頼んでたんですよ。
近藤:これ、ひどいんですよ。バンドでホームページ作ったんですけど、普通、そこでライブの日を告知するじゃないですか。なのに、それを止めてくれって言うんですよ。

山口:アルバイトを休む正当な理由がなくなってくるんですよ。ウソつくしかなくなってきちゃって、「ちょっと母親の具合が悪くて…」なんて言うと、職場のみんながいい人で「よーし、みんな、カンパだ!」って言うんで、土下座して謝ったことがあります。その経験がね、今生かされて土下座がうまくなっちゃった(笑)。でも、バイトとバンドやってると、応援してくれる人っていうのがいっぱいいるんですよね。ライブで休みたいって言ったときに上司にかけあってくれたりだとか、最後まで僕が首にならないようにしてくれたりだとか。良い出会いがあったなって改めて思いますね。
結成15年目を迎え、11月にはZEPP SAPPOROでのワンマンライブも控えるサンボマスター。時に会場を笑いで包みながら軽妙なトークを繰り広げてくれました。

プロフィール

山口隆(Vo, G)、近藤洋一(B, Cho)、木内泰史(Dr, Cho)からなる3ピースロックバンド。メッセージ性の強い歌詞と、ファンクやソウルの影響を感じさせるロックサウンドが特徴。今年デビュー15周年を迎えた。

information

●LIVE
「3×ボ=15 ANNIVERSARY サンボマスターとキミ TOUR 2015」

11/7(土)ZEPP SAPPORO
OPEN 17:00 / START 18:00
1F立見 3,900円 / 2F指定席 4,400円
8/29(土)発売

[お問い合わせ] MOUNT ALIVE 011-211-5600
●リリース情報
アルバム「サンボマスターとキミ」5/13(水)発売

[初回限定盤/2CD + DVD] VIZL-825 3,974円
[通常盤CD] VICL-64350 3,240円

【Gacharic Spin】
〜自分を知ることが出来た!〜

NEW WALTSでのステージを終えた「Gacharic Spin」からは、ベースのFチョッパーKOGAさん(以下KOGA)とヴォーカル&キーボード、セクシー担当のオレオレオナさん(以下オレオ様)がJOIN STUDIOに登場!「ライブはすごい楽しかったし、このまま倒れてもいいって思ってやりきりました!(KOGAさん)」と、充実の表情で話し始めた二人のバイト経験とは?
Q.アルバイトのお話をお聞きしてもいいですか?

KOGA:高校を卒業してすぐに、音楽スタジオの受付のバイトをしました。予約を受け付けたりだとか、練習が終わった後の掃除・片付けをしたりだとか。でも、ほとんど受付でベースの練習してたかも…。あと、派遣でチーズケーキ屋さんで働いたこともあります!デパ地下のお姉さんみたいな感じで。神戸のチーズケーキ屋さんだったんですけど、最後のほうは「神戸に来ないか」ってスカウトされました。バンドやりたかったんで断ってしまったんですけど。
オレオ様:でもちょっと迷った?

KOGA:迷ったかな(笑)。 覚えてるのが、一人のお客さんに10個くらいケーキを買って頂いたことですね。最初、お土産に5個買っていきたいと言っていたのに、「5個じゃ少ないと思うので倍がいいんじゃないですか」って私がお話ししたら、本当に10個買ってくださいました。
オレオ様:買わせ上手だねー!私は、スーパーの試食のお姉さんをやってました。

KOGA:「試食するお姉さん」じゃなくて??

オレオ様:違う違う。ちょっとその時期太りましたけどね。あれ?なんでだろう(笑)。

KOGA:何を売ってたの?

オレオ様:2種類のクッキー。「しっとり」と「もっちり」を売らなきゃいけなんですよ。でもどちらもまんべんなく売るのは私には出来ないなと思って、「もっちり」に集中して売りさばきました。あと、カフェでも働いたことがあります。
Q.そんなアルバイト経験からお二人が学んだことってありますか?

オレオ様:自分を知ることができたかなー。アルバイトは自分のダメな部分が見えてくる良いきっかけだったと思います。

KOGA:団体行動が出来るようになりますね。私が一番苦手なヤツなんですけど。いろんな人と関わってするお仕事が多いから、その中でいろんな人とバランスを見てお仕事をするというのを学びましたね。あと、バイトのときに出会った人と今でもつながっていて、ライブを見に来てくれたりとか。チーズケーキ屋の店長さんとか、神戸のライブの時は見に来てくれることもありますよ。そういうのはうれしいなって思います。
会場のお客さんを巻き込みながら、個性炸裂なトークで楽しませてくれたGacharic Spinの二人。「これからも毎年JOIN ALIVEに出演出来るように頑張ります!」と、力強く宣言してくれました。

プロフィール

2009年結成の超攻撃的・ド派手な最強ガールズバンド。圧巻のパフォーマンスや演奏力、笑劇的なステージングで、年間100本以上のライブを繰り広げる。海外公演も決行し、各国各地に旋風を巻き起こしている。

information

●リリース情報
シングル「Don't Let Me Down」6/3(水)発売

[初回限定盤/CD + DVD] VIZL-830 1,800円
[通常盤CD] VICL-37053 1,400円
●LIVE
「ワンマンツアー」

11/14(土)札幌DUCE
OPEN 18:00 / START 18:30
前売4,000円 / 当日4,500円(各税込み/ドリンク別)★好評発売中

[お問い合わせ] MOUNT ALIVE 011-211-5600

【MY FIRST STORY】
〜負けない心を身に付けた!〜

JOIN ALIVE2日目のゲストトーク、4組目に登場したのはMY FIRST STORYのメンバーです。ドラムのMasackさんは北海道での野外フェス初出演に「初めてだったんで不安だったんですけど、みんな僕らのこと知っててくれてありがたいなと思いました」とライブの感想を話してくれました。また、不安定な天気が続いた今回のJOIN ALIVEでしたが、ヴォーカルのHiroさんが「僕、晴れ男なんですよ!」と力強く話していたように、MY FIRST STORYの出演時には太陽も顔を出し、恵まれた環境でのライブに充実顔のメンバーさん達でした。
さて、そんな彼らのアルバイト体験とは?JOIN STUDIOでは、ここならではのお話を聞いちゃいましたよ。
Q.メンバーの中でアルバイトの経験がある方、いらっしゃいますか?

Sho:居酒屋はメンバーの中でも何人か経験あるんじゃないかな。

Q.それは皆さん同じお店で??

Hiro:別々ですね。そんなに仲良くないですよ(笑)。
Q.どのくらいやってたんですか?

Sho:居酒屋だけだったら結構やってましたね。3、4年とか。オレはホールもたまにやってましたけど、キッチンの担当で、仕込みから入って、13時からラストまでびっしり働いてましたね。
Q.得意料理はありました?

Sho:プリン作るのがすごい得意でした。そのレシピは今も大切に持って、たまに家で作ります。

Hiro:たまに僕らにも作ってくれるよね。Sho君の家に行った時にふるまってもらったこともあるよね。

Nob:そうそう、ちょっと柔らかめのプリンなんだよね。

Masack:なめらかプリンだからね。
Q.居酒屋経験のある他のメンバーさんは?

Masack:オレもミッドフィルダーでしたね。ホールとキッチン両方やる感じ。

Hiro:得意料理は?

Masack:ナポリタン。ちょっとほんだし入れたりするんですよ。

Hiro:居酒屋で出る?ナポリタン。

Masack:出る出る。まかないとかで。レコーディングの時にみんな、うちに呼んで料理食べさせたこととかもありますよ。山盛りの野菜とカレーとか。

Teru:僕も居酒屋でバイトしてましたけど、基本ドリンク担当だったんで料理はできないですね。得意なドリンクは生ビールですけどね!3:7で泡を入れるのとか結構コツが必要なんですよ。

Q.今、アルバイト経験で生きてることってありますか?

Sho:打たれ強くはなりましたね。店によってはめちゃくちゃ怒られたこととかもあったんで。お客さんの前で怒られたこともあったし。それで心が強くなった気がしますね。あと、自分が新人で怒られたりしてる時に、バイト仲間がどんどん辞めていくのをみて、俺は辞めたくないなって、逆境に立ち向かうみたいな気持ちは芽生えたかなって思いますね。
「バイトで時にはツラいことがあっても、それに負けずに乗り越えるチカラが身についた」と、心に響く言葉をくれたMY FIRST STORY。最後は「北海道、大好きなんでまた来たいです!」とうれしい言葉でJOIN STUDIOを盛り上げてくれました。

プロフィール

2011年夏、東京渋谷で Hiro(Vo.) Sho(Gu.) Teru(Gu.) Nob(Ba.) Masack(Ds.) の5人で結成。2012年4月にデビューを果たし、数々の夏フェスやビッグイベントに出演、圧巻のライブパフォーマンスを繰り広げている。

information

●リリース情報
シングル「ALONE」8/5(水)発売

[CD+DVD]INRC-0014 1,620円

バイトがあって今がある
最新記事5件

COLOR CREATION 2019年11月4日 公開

ちょっとやそっとで折れない心を培ってくれたのがバイト!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2019年10月21日 公開

バイト先でお客さんに喜んでもらうのって、エンタメと一緒だと思う。

感覚ピエロ 2019年10月7日 公開

まず一歩を踏み出さないと、何も始まらないよ。

ラッパー/シンガー ちゃんみなさん 2019年9月23日 公開

バイトで得られた経験は、時給の何億倍もの財産!

lol(エルオーエル) 佐藤 友祐さん 2019年9月9日 公開

目的を明確にすると、モチベーションもアップ!バイトは楽しくやらなくちゃ!