アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2016年8月29日 公開

モデル・リポーター 芳賀 愛華さん

仕事のチームは野球のチームと同じだと
教えられました。

モデル・リポーター 芳賀 愛華さん
HTBの朝の情報番組『イチオシ!モーニング』お天気リポーターとして、朝一番に元気な笑顔を届けてくれる芳賀愛華さん。モデルとしても活躍する芳賀さんのアルバイト体験とは?

同年代の先輩の「プロ」ぶりに感動

この日も朝4時に出社し、6時からの『イチオシ!モーニング』の放送を終えて取材に応じてくれた芳賀愛華さん。疲れも顔に出さず、明るく爽やかな笑顔でどんな質問に対しても丁寧に答えてくれるのが印象的だった。
芳賀さんは、お母さんの勧めで幼稚園生の時からアクターズスクールに通っており、子どものころの夢は歌手かダンサー。中学校時代に楽器に興味を持ち始め、それが高校時代のバンド活動やベーシストとしてのデビューにつながったそうだ。そんな芳賀さんの最初のアルバイトは20歳の時で、選んだ仕事は洋服店のスタッフ。
「子どものころから芸能関係の世界しか見ていなかったので、別の世界を見たい気持ちもあって。音楽活動からはフェイドアウトし、洋服屋さんでアルバイトを始めました。それはもう、緊張しましたよ。人見知りなので(笑)」
お客さんへの声掛けや先輩に質問するタイミングなど、右も左も分からないことだらけなのに、同い年や、わずか2、3歳年上なだけの先輩たちがすでに〝プロフェッショナル〟として仕事をこなしていることに感動を覚えたと言う。先輩だからといって威張ることも全くなく、休憩時間などには芳賀さんも会話の輪に溶け込めるようにサポートしてくれたことも、うれしかった。「私が仕事をしやすいようにさり気なく気を配ってくれていたんだなぁと後になって思えることもあって、素敵な先輩たちでした」と感謝を込めて振り返る。
だが、洋服店やカラオケ店でのアルバイトを続けるうちに、次第に〝普通の生活〟に物足りなさを感じるようになった芳賀さんは札幌コレクションのオーディションに挑戦。見事合格し、モデル事務所に所属することとなった。

学んだのはチームで協力することの大切さ

やがて、モデル活動が忙しくなり〝急な休みや時間変更にも融通の利く仕事を〟と探した結果、芳賀さんは電話回線営業のコールセンターでのアルバイトをスタート。〝5年も続けられた、楽しくて素晴らしい思い出〟を作ることになる。
「社員さんや他のアルバイトの人もみんな若かったんですけれど、仕事に対する熱意やモチベーションがとても高いんです。それがスタンダードで、バイトとはいえ一人の社会人として責任を持って働く初めての体験をしました」
お客さんに叱られるなどつらいこともあったが、「何よりも職場の人間関係が素晴らしくて」と芳賀さんは言う。勤め始めのころから比較的すんなりと契約が取れ、数字を上げることにも夢中になった。
入社して半年ごろのある日、職場責任者が言った「(仕事の)チームは野球のチームと一緒だよ」という言葉に衝撃を受けたそうだ。これまで個人の成績しか考えてこなかった自分にハッと気付き「仕事は自分だけのためにするのではない。同僚に協力したり、後輩の指導も大事にすることが、チームのためになり、結果的に自分の成長にもつながるのだ」と考えるようになった。
「後輩の指導でも、もっといろいろ話して相手をよく見てよく知って接するようになったんですよ。人への接し方が大きく変わったと思います」
後輩とより深く密接に関わるようになり、先輩―後輩の距離や垣根を超えて「芳賀さん」「愛華さん」ではなく「愛華ちゃん」と呼んでもらえるようになった瞬間がとてもうれしかったと懐かしむ。

多くの人と触れ合う体験をもっと重ねて!

さらに芳賀さんは、お客さんに対しても、相手が何を考えているのか、何を不満に思っているのかを考えながら対話をするように。激怒しているお客さんからのクレームに対しても根気強く丁寧に対応し、最終的に理解してもらえて、お礼のハガキをもらったこともあるそうだ。
「うれしかったですね。ちゃんと向き合えば伝わるっていう、言葉の大事さを痛感しました」
コールセンターでの仕事を通じ、芳賀さんは言葉を丁寧に選んで話すことや正しい敬語を使うことの大切さ、人と誠実に関わることの大切さなど、たくさんのことを学んだ。
『イチオシ!モーニング』への出演が決まり、コールセンターを辞めた時、職場責任者は「夢が叶って良かった。やったな!」と、ハイタッチして送り出してくれたそう。
「今の仕事もまさに野球のチームと同じで、照明さんや技術さん、ヘアメイクさん他、たくさんの人たちの思いが集まって番組が出来ています。それに気付け、感謝出来るのはコールセンターでのアルバイト経験があったから。皆さんもたくさんの人と話して、知識や世界を広げてほしいなって思います。楽しい思いはもちろん、悔しい気持ちやイラッとする気持ちもたくさん経験するといいと思うんです。そういった経験を通じて人に優しくなれたり、さまざまなことに敏感になれると思うので。気の合う仲間とだけギュッと固まるのではなくて、もっといっぱい、人と触れ合ってほしいなと思います」

★芳賀 愛華さんの思い出バイト★

洋服店
人生初のアルバイト!「音楽やモデルの仕事以外で、やりたいことがあるとしたら何だろう」と考えた結果、洋服屋さんに。
カラオケ店
音楽が大好きなので、仕事中もずっと音楽を聴いていられるカラオケ店でのアルバイトはとても楽しかったです。
コールセンター
3時間以上しゃべり続けるお客さんもいて(笑)、持続力・集中力が身に付き、この時の体験は今の仕事でも非常に役に立っています。

<プロフィール>
芳賀 愛華 (aika)

札幌市出身。ガールズバンド「MARIA」ベーシストとして10代でのメジャーデビューを経て、20歳でモデルに。モデルとして活動する一方、2015年からは『イチオシ!モーニング』のお天気担当リポーターとしても活躍中。ドンクエンタープライズ (モデル事業部) 所属。

<インフォメーション>

●出演番組情報
HTB「イチオシ!モーニング」
放送時間/月〜金 6:00〜8:00 土 6:30〜8:00
出演者/林和人、石沢綾子、依田英将、木村愛里 ほか
北海道の旬の話題やお得情報はもちろん、ニュースやスポーツ、
お天気ほか北海道の朝に必要な情報をお届け。
「onちゃんおはようたいそう」のホームビデオも募集中!

バイトがあって今がある
最新記事5件

FANTASTICS from EXILE TRIBE 2020年4月1日 公開

バイト仲間との絆は、今でも続いているよ。

タレント 上原 りささん 2020年3月23日 公開

バックコーラスのバイトでも、意識は「プロ」でした。

ソナーポケット 2020年3月2日 公開

夢や目標から逆算すると、バイトも選びやすいよ!

TOMATO 2020年2月3日 公開

バイトで失敗したって
「ゴメンナサイ」でイイじゃん!

teto Vo.&G. 小池 貞利さん 2020年1月20日 公開

言葉にすると簡単だけど「諦めないこと」ってやっぱり大事なんだと思います。