アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2018年2月5日 公開

phatmans after school

あのバイトを乗り越えられた、
という経験は自信につながるよ。

phatmans after school
左からヤマザキヨシミツさん(B.)、ヨシダタクミさん(Vo./G)、ユタニシンヤさん(G.)
撮影協力/アウトドアダイニング ミールラウンジ 狸小路店(札幌市中央区南3条西2丁目[狸小路2丁目] さとうビル地下1F)
北海道出身、人気急上昇中の3人組バンド「phatmans after school(ファットマンズアフタースクール)」。
メンバーのアルバイトエピソードは、笑いあり、苦労あり、意外な職場ありと、彼らが届ける音楽のように多彩だった。

バイト代を貯めて買ったギターは今も現役!

音楽にハマったきっかけは?
ヤマザキ(敬称略・以下同)もともと音楽に全然興味がなかったんです。でも、中学2年生のころに友だちが学祭でベースを披露して、単純にカッコイイな〜と。で、ベースを借りて弾き始めて、次の年のステージに立ったんですよね。
ユタニ 初めて手にしたCDはドラマの主題歌だったんだけど、めちゃくちゃハマって買い続けたのが「モーニング娘。」さん(笑)。
ヨシダ よくアイドルからバンドサウンドに転向したな…。僕は音楽好きの一家に育ったので、いろんなジャンルを聴いてました。中でも今につながるルーツがカジヒデキさん。シンガーソングライターにあこがれを抱き、中学2年生のころからキーボードで作曲して詩も書くようになりました。
初めてのバイト経験は?
ヨシダ 高校1年生の時に始めた焼肉バイキングのホールスタッフです。当時はまだバイト代が手渡しで、初めて給料をもらった時は友だちと別の焼肉バイキングに行きました(笑)。
ヤマザキ 自分は標津町の出身。友だちに誘われて近くの温泉ホテルで働いたのが最初かな。宴会場に食事を運んだり、布団を敷いたり、温泉も掃除するなど業務全般を担当する感じでした。
バイトの目的は楽器を買うため?
ヨシダ そうですね。自分は高校1年生の終わりくらいから焼き鳥チェーンのお店でバイトをして、楽器を買える金額が貯まったら辞めちゃいました。で、後釜として入ったのが、同じ高校の軽音楽部の先輩だったユタニです。
ユタニ 僕が欲しかったのは11万円くらいのギター。高校生にとってはかなり高額で、バイト代だけでは手が届かなかったから、お年玉と合わせてようやく買えました。ちなみに、今も練習やライブで使ってますよ。

朝の5時から夕方まで昆布と格闘!?

3人は同じ専門学校だったとか。
ヨシダ メンバー全員が札幌の音楽系専門学校のミュージシャンコースでした。ヤマザキとはそこで出会い、バンドを組んだんです。
専門学校時代もバイトを?
ヤマザキ 自分はショッピングモールのフードコートに入っている蕎麦屋さんで働いてました。確か学校の友だちに紹介してもらったのかな。
ヨシダ ヤマザキのバイト先に行ったら、いなり寿司をタダでくれたね。
ヤマザキ 店長に「アイツ友だちなんです」と言ったら「そうか、いなり寿司あげろ」と(笑)。
ヨシダ 専門学校時代はコールセンターの短期バイトを転々としてました。時給も高く、シフトの融通が利くのでバンドマンにはピッタリ。髪型にもあまりうるさくないですから。ただ、仕事は大変。電話口で知らない人からめちゃくちゃ怒られました(笑)。
思い出深いバイト先って?
ヨシダ やっぱりコールセンターかなぁ。ユタニとあるコールセンターで一緒に働こうと研修を受けていたんですが、4日目くらいに突如として面倒になってきて…。バンドをやってることは伝えていたので、「どうしてもスケジュールが合わないから、もう研修には行けない」と伝えたら、社員の方が「ウチの職場からデビューした人もいるから君らも頑張れ!」と熱い言葉をかけてくれて。もの凄く申し訳ない気持ちになった一方、改めてバンドを頑張ろうと思いました。デビューできてなかったらただの嘘つきになってたから本当に良かった…(苦笑)。
ヤマザキ 地元は昆布が特産物で、昆布漁のバイトをやりました。
一同 マジ!?何するの?干すの?
ヤマザキ 朝の5時から船に乗って昆布を採り、陸に上がってから磨くんです。水洗の機械もあるけど、それでは汚れが落ち切らないから夕方5時までタワシでひたすらゴシゴシ…。夏休みだけで20万円稼げたけど、すっげぇキツくて働くのって大変だとシミジミ感じました。

裏方を経験したからこそ、スタッフには優しく!

今に役立ったバイト経験は?
ユタニ 専門学校を卒業した後にPA(音響)や照明のアシスタント程度ですがライブハウスでバイトをしたんです。ただ、出演者の中には態度がよろしくないバンドマンもいて。裏方のスタッフを経験したことで、自分が何をすれば皆が気持ち良く働けるのかを学びました。
ヨシダ 僕もユタニとコンサートスタッフを何度か経験したけど、「バイト君、これやっといて」みたいに基本的には名前を呼ばれないんですよね。だから自分たちのバンドは裏方のスタッフに横柄な態度を絶対に取りませんし、一緒に良いステージを作ろうという気持ちで接してます。
最後に読者へのメッセージを!
ヨシダ バイトって基本的には夢や目的があって始めるもの。その達成のために働くというのはスゴい意義があると思うんです。高校時代、友だちが卒業までに100万円を貯めると息巻いて、Wワークまでして頑張ってる人もいました。端から見ると大変そうだったけど、本人は「目標があるから」とモチベーションを高く過ごしていた気がします。
ユタニ 自分の同級生にもクルマを買うってバイトに精を出しているヤツがいたなぁ。
ヨシダ それに比べると大したことはないかもしれないけれど、僕もギターを買うために焼き鳥店で何羽も何羽も鶏をさばいてました。でも、つらかったからこそ「こんなに大変なことを乗り越えられたんだからもう怖いものはない」って思えるんです。バイト経験って自信につながるんじゃないかな。

★phatmans after schoolの思い出バイト★

ヨシダタクミさん/焼肉バイキング
自分にとって初めてのバイト。楽器を買おうと働き始めましたが、最低賃金だったから貯まらない貯まらない(笑)。
ユタニシンヤさん/焼き鳥店
バイト代を貯め、お年玉と合わせて11万円くらいのギターをゲット!今でも練習やライブで使っています。
ヤマザキヨシミツさん/昆布漁
地元は昆布の産地で漁のバイトをしました。船に乗って昆布を引き抜き、陸でひたすらそれを磨く仕事。キツかった…。

<プロフィール>
phatmans after school

北海道出身の3人組バンド。メンバーはヨシダタクミ(Vo./G)、ユタニシンヤ(G.)、ヤマザキヨシミツ(B.)。2010年に結成し、翌年にメジャーデビュー。ヨシダによる卓越したメロディーやグルーヴ、若者が抱える葛藤や大人への憂いを表現した歌詞の世界が特色。当初はクマのキャラクターをアイコンにメンバーの姿を一切露出しないスタイルで活動。2017年12月に3rd Full Album「キミノバアイハ」をリリース。
公式サイト

<インフォメーション>

●最新リリース情報
「キミノバアイハ」
■CD/DLCR-17122 2,700円(税込)
●ライブ情報
「ワンマンツアー2018〜カケメグル〜」
4/5(木)
Sound Lab mole
開場/18:30 開演/19:00
チケット/前売り 3,500円(税込)(ドリンク代別)
お問い合わせ/マウントアライブ TEL 011-211-5600

サイン入りチェキプレゼント

phatmans after school直筆サイン入りチェキを2名様にプレゼントします。

プレゼントの応募は締切ました

バイトがあって今がある
最新記事5件

ヒステリックパニック Vo.ともさん 2019年11月18日 公開

人生って、思ったよりやり直しがきくもんだって、改めて思います。

COLOR CREATION 2019年11月4日 公開

ちょっとやそっとで折れない心を培ってくれたのがバイト!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2019年10月21日 公開

バイト先でお客さんに喜んでもらうのって、エンタメと一緒だと思う。

感覚ピエロ 2019年10月7日 公開

まず一歩を踏み出さないと、何も始まらないよ。

ラッパー/シンガー ちゃんみなさん 2019年9月23日 公開

バイトで得られた経験は、時給の何億倍もの財産!