アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2016年8月15日 公開

JOIN ALIVE[2016年7月17日出演アーティスト]特別編

JOIN ALIVE特別編第2弾!
アーティストのバイト体験談をダイジェストでご紹介!

JOIN ALIVE(7/16・17開催)の会場内に設けられた特設ステージ【FM NORTH WAVE×アルキタ JOIN STUDIO】で行われたゲストトークには、アツいライブを繰り広げたアーティスト達が続々と登場!「学生時代はどんなバイトをしていましたか?」「バイトで得られたものは?」アルキタならではのバイトにまつわるお話も飛び出したJOIN STUDIOの様子を、ダイジェストでご紹介します。

【Drop's】
〜バイトをして無駄になることは一つもない〜

JOIN ALIVE2日目、【FM NORTH WAVE ×アルキタ JOIN STUDIO】に最初に登場したのは、札幌在住5人組ロックバンドの「Drop’s」。通算4度目となるJOIN ALIVE出演を終えたばかりの彼女らにお話を伺いました。
MC:皆さんはどんなアルバイトをやったことがありますか?

荒谷:いろいろやってきたんですけど…、例えばパン屋さんとかやってましたね。余ったパンは休憩時間に食べたり、家用に自分でスライスして持って帰ったりしてました。

中野:街ナカのレンタサイクルの自転車をキレイにしたりするアルバイト。体力も結構使いました。
小田:去年まで大学生だったので、学校とバンド活動があってバイトはしてなかったんですけど、カフェの店員さんとかしてみたかったですね。

奧山:私は小田を差し置いてアレですけど、カフェの店員さんをしてました!やっぱりまかないが飲食店バイトの醍醐味というか、おいしくて。カレーどんぶりとか自分で作ってましたよ。

石橋:私もアルバイトはやったことがないんですけど、まかないは食べてみたいなって思いますね(笑)。

MC:どんなアルバイトをやってみたかったって思いますか?

石橋:職種とかではないんですけど、「いらっしゃいませー!」って言ってみたいですね(笑)。

メンバー笑い
MC:アルバイトを通じて、こういうことを学べたなっていう経験はありますか?

荒谷:どんなバイトも無駄になってることは何一つないとすごく思いました。ちっちゃなことでも自分の生活に生かせたりして…バイトをやるのはいいなと思います!
今年は、映画の主題歌を担当したり、アルバムリリースとそれに絡んだツアーも行い、これからの活動にも注目の「Drop’s」。「これからもどんどんライブをやっていくので、来てくれたらうれしいです」と最後にVo&Gtの中野ミホさんからメッセージをもらい、トークは終了しました。

プロフィール

札幌在住、女子5人のロックンロールバンド。2009年、同じ高校に入学し偶然出会った、中野ミホ(Vo&Gt)、荒谷朋美(Gt)、小田満美子(Ba)、石橋わか乃(Key)、奥山レイカ(Dr)で結成。

information

●リリース情報
ALBUM『DONUT』
¥2,850(税抜) KICS-3386 5/25(水)発売
●LIVE
中野ミホ(Drop's)make a dream vol.11×No Maps
札幌KRAPS HALL
10/15(土)12:30 開演
オールスタンディング ¥2,000 ドリンク代別途¥500
8/27(土)チケット発売
(問)HTB北海道テレビ 011-820-5536(平日10:00〜18:00)

【ドレスコーズ】
〜嫌なことも頑張れたら人生って楽勝だと思う〜

続いてJOIN STUDIOに登場したのは、VELVET CIRCUSでのライブを終えたドレスコーズ。観覧に集まってくれたお客さん達を、たくさんのトークで盛り上げてくれました。
MC:バイト体験はありますか?
いっぱいやりましたよ。それはなぜかっていうと、僕、すぐダメになるんですよ。解雇されちゃうんですよ。僕はアルバイトをするセンスがないんですね。だからこの助言が何の役に立つのかってことも踏まえて聞いて頂ければと思うんですけど。

MC:ちなみに、長く続いたバイトはなんですか?
レコード屋さんですね。それは、もうね、趣味ですからね。来るなって言われても行くっていうか。レコード磨いて、並べて、レコードを聴く。それならいくらでも出来ます。
MC:他に思い出に残っているアルバイトは?
東京の高円寺というところに住んでいたので、バンドマンの方が多いんですよ。あとは役者さんやお笑い芸人さんを目指している方とか。だから割と田舎でアルバイトをしている感じと違うんですよね。みんな目指しているものがあってそのためにアルバイトをして、いつかは何かのプロになるんだっていう人がたくさんいたんで、話も合うし、例えばライブがある時にはシフトを変わってもらったり、そういうのをお互いにやり合うんですよね。コンビニも焼き肉屋も警備員もお好み焼き屋さんもやりましたよ。バイト仲間に、「今度ライブやるんだけど、練習が間に合ってないから何日か休ませて」とか言って、代わりにシフト入ってもらったり…そういうのやりましたね。
MC:アルバイトが人間関係につながっていくこともあるのかもしれないですね。
そうですね。アルバイトがうまく出来る人は何やってもうまくいくと思うんですよ。本当はやりたいことではないものを、仮にアルバイトと呼ぶことにしましょうよ、仮にね。これをやるために生まれてきたんじゃないんだと思うこと、これを我慢できたり頑張れたりするってことは、もうその後の人生楽勝ですから。経験としてやっぱりいいですよね。僕の場合は完全にあきらめた。「キミはダメ」って散々言われたんですよ。いよいよダメかなって思ってプロになりました。それで今がある。引導を渡してくれたのもアルバイト。アルバイトがうまくいってたら今もアルバイトだらだらしてますね。

MC:最後に一言お願いします。
アルバイト頑張って下さーい!アルバイトもうダメだわっていう方は、お待ちしてます。こっち側で。
「バイトの話をするのに向いてない人からのメッセージ」と前置きした上で、実体験に基づいた思いを語ってくれたドレスコーズの志摩さん。肩の力を抜いたような話しぶりの中、しっかりと心に響くメッセージを残してくれました。

プロフィール

毛皮のマリーズのボーカルとして2011年まで活動、翌2012年1月1日にドレスコーズ結成。現在は、志磨遼平のソロプロジェクトとして活動中。

information

●リリース情報
NEW SINGLE『人間ビデオ』10/12(水)発売
【R.I.P.デラックス盤】KICM-91708 ¥4,800(税別)
【GANTZ:O盤】KIZM-451〜2 ¥2,200(税別)
【通常盤】KICM-1731 ¥1,000(税別)

【Softly】
〜夢を口に出すことが大切!〜

3組目のゲストは、今回がJOIN ALIVE初出演というSoftly。その感想を「不安とか緊張を飛ばすくらいあったかくて感動しました(HARUKA)」「今日のこと全部が楽しいです(MUTSUKI)と清々しく語ってくれました。さて、そんなSoftlyの二人のアルバイト体験とは?
MC:お二人はどんなアルバイトをしてきたんですか?
HARUKA:二人とも同じスポーツ用品店でアルバイトしていた経験があります。Softlyを結成してすぐくらいですね。二人とも同じ日に面接受けに行ったんですよ。

MC:スポーツ用品店では具体的にどんなおシゴトをするんですか?

MUTSUKI:私はずっと服を品出ししたり畳んだりっていう作業をしてたんですけど、畳み方が決まっているんですよね。それで、自然と自分のタンスの中もそういう畳み方になっていくっていうことがありましたね。
HARUKA:私は接客が多くて、「●●はどこにありますか?」とか聞かれて、元々そのお店が大好きで詳しかったので「これはここです」「それはこちらです」ってスムーズな感じで案内してましたね。

MC:アルバイト経験から身に付いたことはありますか?

HARUKA:たくさんの段ボールを一気に開けなきゃいけなかったので、後のことを考えて行動することが身に付いたかな。時間との闘いなのでのんびりしてられないなと思ってお仕事してたかな。今もあの時経験して良かったなって思います。

MUTSUKI:コミュニケーションとか。人と会話するのがすごく苦手で人見知りなんですけど、ちょっとは人前に出て喋れるようになったと思います。
MC:最後に皆さんにエールをいただけたらなと思います。

HARUKA:私達、デビューする前にバイト先の方に「私たち絶対デビューするので、その時にはバイト辞めさせて頂きます」と宣言したことがあるんです。ホントに何も決まっていなかったんですけど、夢を口に出す事ってすごく大切だなと思いました。皆さんも誰かに話してみたり何かに書いてみたり、そういうのってオススメですよ。

MUTSUKI:バイトをやってみると、「もうちょっと自分ならこうしてほしいな」とか「こうしたら喜んでもらえるな」とか考えるきっかけになるし、気づいたらそのお仕事にはまっていたり、人とコミュニケーションをとって喜んでもらえることがうれしくなったり…。そんなことを通じて自分はいつもシアワセだなと思えるようになって…お仕事って素晴らしいな!と思いました。
前向きなメッセージを残してくれた二人。最後には、「私たちもまだまだ夢を追いかけてます、皆さんも頑張って下さい!」とさらに応援メッセージもいただきました。

プロフィール

北海道苫小牧出身。ボーカルのMUTSUKIとギターのHARUKAの10代2人組からなるシンガーソングライター。

information

●リリース情報
ALBUM『言えなかったこと。言いたいこと。』9/28(水)発売
【初回限定版+DVD】¥2,800(税込) UPCH-7180  
【通常盤】¥1,800(税込)UPCH-2094 
●ライブ情報
『Softly oneman live 2016 〜Soft Summer Sound〜』
8月11日(木・祝)札幌ペニーレーン24.
OPEN/17:00 START/17:30

【CREAM】
〜貴重な出会いもくれたアルバイト〜

続いて登場したのは、NEW WALT’Zでのライブを終えたCREAMのお二人。「普段はクラブの中でライブすることが多いんで、野外でやるっていうのも気持ちいいですね!」とライブを振り返りながら、アルバイト体験についてもお話ししてくれました!
MC:お二人のアルバイトの経験を伺いたいのですが。
Staxx T:僕は相当な数のバイトをしてきましたからね。僕たちのデビューシングル「Shooting Star」に出てくる、灰皿を洗ってるくだりは、キャバクラのボーイをやっていた時の話ですね。苛酷な仕事なんですよね。やっぱりお客さんに対してはえらそうなこと言えないし、でも外に出たら俺はラッパーなんだぞって気持ちも持ちながら、物まねとかさせられてましたね。ヒップホップの服屋で働いていたこともあります。すべてはそこから始まったという感じかな。
Minami:一番印象深いのはベビーシッター。小学校5年生のころから、バイトみたいな感じで小さい子を見ていたんですよね。子どもが大好きです。

そこから今の自分の人生につながった部分ってありますか?
Minami:楽しくないバイトもたくさんやったからこそ、やっぱり自分は夢に向かって歩いて行こうって思えたかも。やることは好きなことじゃないと続けられないし毎日楽しくないと思うんで、バイトをやってたからこそ、今やってる仕事のありがたみを感じられるっていうのはありますね。
MC:人生の学びがあるってことですね。
Minami:うん、そうですね。

MC:Staxx Tさんは何か今につながってることはありますか?
Staxx T:学校にはあまりヒップホップが好きな子がいなかったんですよ。高校の時に知ってるお兄ちゃんのヒップホップの服屋のバイトをして、地元が違う同い年くらいのヒップホップが好きな子とかと知り合ったりしたのがうれしかったですね。「洋楽のヒップホップを知らないから、何聞いていいか分かんない」
って言ってた子に、僕が知ってるアーティストのミュージックビデオを見せてあげたりしてましたね。その子が今、大阪でめちゃめちゃ人気あるラッパーになってたりするんですけど。バイトから始まって10年以上も付き合うような仲間が出来ましたね。素敵な出会いはどこに落ちてるか分からないので、バイトをするにしても自分が興味あることをベースにバイト選びをしたら、自然とフィーリングが合うような友達が出来ていいと思います。
バイトを通しての貴重な出会いや今につながっていることも語ってくれた二人。時に客席にもマイクを向けながらステージを盛り上げてくれました。

プロフィール

シンガーソングライターのMinamiとラッパーでトラックメイカーのStaxx Tで結成。CREAMとは、「Creative」と「Team」を融合させたワード。自身は元より、さまざまなアーティストに楽曲を提供してプロデュースをするクリエイティブチームという意味。

information

●リリース情報
デジタルシングル「One Last Kiss」now on sale
●LIVE
「CREAMワンマン -2016A/W-」開催決定
11/3(木・祝) 大阪:umeda AKASO
11/4(金) 東京:LIQUIDROOM
11/22(火・祝前) 福岡:BEAT STATION
11/26(土) 名古屋:Electric Lady Land
詳細はcreamofficial.comをチェック!

【MAN WITH A MISSION】
〜アルバイトの経験は…〜

ラストの登場は、MAN WITH A MISSIONからGt, Vo, RapsのJean-Ken Johnnyさん。「北海道で大人数を前にしてのライブは久々だったので、お客さんと一緒になって楽しめました。ROSE STAGEからの景色は圧巻ですね」とライブの感想も聞かせてくれました。…で、アルバイト体験なんて…あるのでしょうか?
MC:つかぬ事を伺いますが、アルバイトの経験なんてあったりしますかね…?
バイト!イヤ〜、アルバイトォ〜、残念ナガラナイヨウナ、ナイヨウナ…。

MC:そうですよね、もしアルバイトしてたら驚いちゃいますよね。
間違イナク不採用デスヨネ。デモヤッテミタイバイトハイッパイアリマスヨ。アルノカドウカ分カラナイデスケド、スゴイ有名ナスポーツノ試合ノ警備トカ。 ダッテタダデ見レルンデショ?シカモ給料モモラエチャウンデショ?メッチャイイナッテ思イマスネ。アト、テニスノ試合ノボールボーイトカ。アレッテアルバイト募集シテルンデスカ?
MC:どうなんでしょうか…。
メッチャテレビニ映リマスカラネ。デモ、テニスヤッテル人ナンデスカネ。アノ人達ハ。バイトデハナイデスヨネ。

MC:ヨーロッパツアーも終えたばかりですが、いかがでしたか?
音楽ガ好キナ人ハジャンルニトラワレズ楽シンデクレルンダナッテ思イマシタネ。一ツズツ続ケテ行コウカナト思イマス。マダ帰ッテキタバカリナンデスケド、今日ノライブデ時差ボケモ治ッタンジャナイカナ。

MC:最後にメッセージをお願いします!
今日ハ僕ラノライブトカ僕ラニ会イニ来テクレテアリガタイデス。コレカラモ、チョットデモライブヤ音楽ニ興味ヲ持ッテクレテ一緒ニ楽シンデクレタラウレシイデス。
JOIN ALIVEは通算3回目の出演で「客席からパワーもらえました」と振り返ったJean-Ken Johnnyさん。残念ながらアルバイト体験については聞けませんでしたが、会場をトークで大いに盛り上げてくれました!

プロフィール

頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド。2010年より本格始動、現在は日本だけにとどまらず、ヨーロッパやアジアでもツアーを行うなど精力的に活動中。

information

●リリース情報
DVD『狼大全集 IV』6/29(水)発売
【初回生産限定盤】SRBL-1705〜06 ¥4,380(税抜)
【Blu-ray】SRXL-98 ¥4,780(税抜)
【通常盤DVD】SRXL-1707 ¥3,780(税抜)

バイトがあって今がある
最新記事5件

COLOR CREATION 2019年11月4日 公開

ちょっとやそっとで折れない心を培ってくれたのがバイト!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2019年10月21日 公開

バイト先でお客さんに喜んでもらうのって、エンタメと一緒だと思う。

感覚ピエロ 2019年10月7日 公開

まず一歩を踏み出さないと、何も始まらないよ。

ラッパー/シンガー ちゃんみなさん 2019年9月23日 公開

バイトで得られた経験は、時給の何億倍もの財産!

lol(エルオーエル) 佐藤 友祐さん 2019年9月9日 公開

目的を明確にすると、モチベーションもアップ!バイトは楽しくやらなくちゃ!