アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2017年10月16日 公開

THE BEAT GARDEN

お金がなくて苦しくて、だけど音楽にもバイトにも本気だった。
あのころがあるから頑張れるんだ。

THE BEAT GARDEN
写真左からREIさん、Uさん
昨年7月にメジャーデビューを果たし、右肩上がりの成長を続けている若手グループ「THE BEAT GARDEN(ビートガーデン)」。メンバーのUさんとREIさんは甘いマスクながら、ハードなアルバイトの経験者だった。

坊主頭からの脱却!?日払いバイトで美容室へ!

―音楽を意識し始めたきっかけは?
U(敬称略・以下同) 小学校5年生のころの地元のカラオケ大会。母が久保田利伸さんのファンで、「流星のサドル」を歌ってごらんよって出場を勧められました。僕も僕で景品欲しさに練習を重ねていざ本番…結果は8人中7位でした(苦笑)。でも、それが音楽の原体験かな。
REI 大会には大人も出てるんでしょ?そりゃあ勝てない。僕は小学生のころにダンススクールに通っていて洋楽を聴く習慣が自然と身に付いたというか。で、大好きなカニエ・ウエストのライブを観に行ったらカッコ良くてカッコ良くて、自分もステージに立ちたいって思いました。
―今のグループを結成する前にもバンドやグループを組んだことはある?
U 中学生のころにモテたくて、文化祭に向けてバンドを組んだことはあります(笑)。僕はボーカルだったんだけど、転校生のギターがとにかく上手くて、ソロプレイを披露した途端に黄色い声、声、声。もう、全部持ってかれて、モテるなんて夢のまた夢でした。
―初めてのバイトって?
REI 高校生になったらバイトをしなきゃいけないものだと思っていたので、バイキング形式の焼肉屋さんで働きました。お店は基本的に男子がキッチン、女子はホールって分かれていたんだけど、店長が「お前ならどっちもイケる」と両方やらされました(苦笑)。接客は苦手だったんだけどなぁ…。
U 高校生のころはラグビー部に入っていて、試合に負けたら有無を言わさず坊主頭。引退した後は早く美容室に行きたくて、日払いの派遣のバイトを始めたんです。引っ越しや倉庫の仕分けなど肉体系の派遣先が多かったから、ありきたりだけどお金を稼ぐのって大変だなと痛感して。学食のラーメンを頼むのもためらうくらいになりました。ちなみに、その派遣会社の後輩だったのが、後に加入するDJ SATORUです。

ハウスクリーニングでハードに稼げ!

―ところで、メンバーの出会いは?
U 地元は埼玉なんだけど、大阪の専門学校に進み、そこでREIとMASATOに出会いました。
REI もともと音楽で上京したいって気持ちを抱いていたところ、Uさんに「せっかくだから東京でやろうよ」と誘われたことが引き金になって。
U 3人ともプロ志向の熱量がハンパなかったから、結成1週間で意気投合して東京行きを決めたんです。専門学校には結局4カ月くらいしか通いませんでした。
―1週間で上京!?住む場所や仕事は?
REI とりあえず東京に来てから家を決めて、バイトを探して…みたいな感じです。今考えるとかなり無鉄砲なんだけど(笑)。
U バイトで言えば、自分は高校生のころの派遣をそのまま続けられたので助かりました。実は大阪時代も関連会社の引っ越し屋さんで働いていたんですよね。
―REIさんのバイト先は?
REI 東京って家賃も物価も高いから、とにかく時給の高い職場が良くて、ハウスクリーニングのバイトを選びました。とはいえ、思っていた以上にハードで、水回りのカビやヘドロをキレイに取ったり、時には半分ゴミで埋まっているような部屋をピカピカにしたり、体力勝負だったなぁ。
U 当時、REIからは「今日の家はヤバかった…」なんてすごい表情で報告を受けることも(笑)。
REI 逆にタワーマンションの最上階みたいな超お金持ちの家を掃除することもありました。そういう意味では面白いバイトだったと思います。

輸入家具の検品中に思い浮かんだ曲も!

―東京での音楽活動は?
U バイトが終わった後に公園でトラックを作ったり、メンバーと車の中でレコーディングしたり。
REI ああそうだ!車で録ってたな〜。当時は音楽の方向性も見えてなかったから1曲作るのも大変でした。
U で、デモテープとプロフィールを作って、直接音楽事務所に持って行ってました。
REI 毎週1曲ずつ作って事務所に届けるのを1年間続けました。
―音楽活動に役立ったバイトはある?
U 僕は家で曲作りをしていても、割と行き詰まっちゃうタイプ。だから、バイト先で作業に集中しながらもメロディーを考えることはよくありました。ちなみに、「konayuki」は輸入家具の検品をしている時に浮かんだ曲です。確か季節は粉雪とは真逆の夏だったけど(笑)。
REI その感覚は分かるなぁ。バイト中ってなぜかメロディーを考えやすい気がします。
U 一方でバイトの時間を音楽に使えればもっと良い曲が出来る、もっと良いライブが届けられるってもどかしさもあったんですよね。
REI バイトは、早くこの環境から抜け出そうというモチベーションにもつながっていました。
―バイトの良いところって?
REI 月並みだけど、コミュニケーション能力とか判断力が上がり、人としても成長出来るのがメリットじゃないかな。夢とは直接関係ない仕事だったとしても、結果として役立つことはたくさんあると思います。
U バイトを一生懸命やったという経験は財産になるし、自分は派遣の仕事を9年続けたことで応援してくれる人にもたくさん出会えました。ボロボロのアパートに住むような苦しい状況の中でも、もがきながら音楽にもバイトにも本気でトライする。あのころのことを思い出すだけで、今も頑張れるんですよね。

★THE BEAT GARDENの思い出バイト★

派遣会社/Uさん
最終的にはリーダーを任され、チームのまとめ役はやさしいだけじゃダメなんだってことも勉強させてもらいました。
ハウスクリーニング/REIさん
時給が高い分だけ、体力的にも精神的にもハードな現場ばかり。それでも1年くらいは続けました。

<プロフィール>
THE BEAT GARDEN

2012年、専門学校で出会ったU/REI/MASATOでグループを結成。2015年12月よりサポートDJ SATORUが新メンバーとして加入。
2016年7月に1stシングル「Never End」でメジャーデビュー。続いてリリースした2ndシングル「Promise you」は全国56ものパワープレイや番組テーマ等を獲得。ラジオエアモニチャート、ビルボードのエアプレイチャートの一位を獲得した。SUMMER SONICやRISING SUN ROCK FESTIVALなど、多数の大型フェスにも出演。エレクトロサウンドにエッジのきいたギターリフを織り交ぜロック要素を加えた「エレクトリック・ダンス・ロック」というジャンルを確立。 
公式サイト

<インフォメーション>

●リリース情報
「I'm」
■初回限定盤(CD+DVD)
UMCK-9917 4,800円(税込)
■初回限定フラッシュプライス盤(CD)
UMCK-9918 2,150円(税込)

「THE BEAT GARDEN」のメジャー・ファーストアルバム!デビューシングル「Never End」、全国FM局のパワープレイ・TV番組テーマなど56タイトルを獲得した「Promise you」、最新シングル「FLOWER」などを含む全12曲を収録。

サイン入りチェキを2名様にプレゼント

THE BEAT GARDEN Uさん、REIさん直筆サイン入りチェキを2名様にプレゼントします。

プレゼントの応募は締切ました

バイトがあって今がある
最新記事5件

COLOR CREATION 2019年11月4日 公開

ちょっとやそっとで折れない心を培ってくれたのがバイト!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2019年10月21日 公開

バイト先でお客さんに喜んでもらうのって、エンタメと一緒だと思う。

感覚ピエロ 2019年10月7日 公開

まず一歩を踏み出さないと、何も始まらないよ。

ラッパー/シンガー ちゃんみなさん 2019年9月23日 公開

バイトで得られた経験は、時給の何億倍もの財産!

lol(エルオーエル) 佐藤 友祐さん 2019年9月9日 公開

目的を明確にすると、モチベーションもアップ!バイトは楽しくやらなくちゃ!