アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

ピックアップ情報 フェスで取り組む環境対策活動とは?NPO法人ezorockの草野竹史さんにインタビュー

2022年7月11日 公開

RISING SUN ROCK FESTIVAL(以下、RSR)が3年ぶりに石狩に帰ってくる。来場者にはおなじみの「ごみの13分別」ももちろん実施。会場で分別ナビゲートなどの環境対策活動を行うNPO法人ezorockの代表理事 草野竹史さんに話を聞いた。

3秒で世界は変わる。

NPO法人ezorock 代表理事/草野竹史さん

RSRではどんな活動を?

EarthCareという環境対策活動を行っています。RSRでは、2004年から、野外フェスではトップクラスの「ごみの13分別」に取り組んでいて、エゾロックのボランティアスタッフが来場者にごみの分別を呼びかける「ごみの分別ナビゲート」、活動内容やメッセージが書かれたごみ袋を会場内で配る「オリジナルごみ袋の配布」などを行っています。
過去には会場で出た生ごみを堆肥化し、その堆肥で育てたじゃがいもを翌年のRSRの会場に届ける「おかえりじゃがいも」という活動も行っていました。

活動の目的は?

ごみをツールに「Do It Yourself〜自分たちのことは、自分たちの手で」というメッセージを伝えることです。普段の生活で13分別は大変ですが、1年のうち3日間だけならやってみようと思えるはず。RSRという非日常での体験が、日常で環境への意識を高めるきっかけになればと思っています。

ボランティアに参加するのはどんな人々?

中心は大学生ですが、高校生から社会人まで幅広く参加してくれています。きっかけもさまざまで、RSRに何度か参加してエゾロックの活動に興味を持ったという人もいれば、ボランティア活動がしたくて初めてRSRに参加するという人もいます。一人でRSRに行くのは不安だけど、ボランティアとしてなら参加できると思ったという人も多いですね。

今回、予定している取り組みは?

分別ナビゲートやごみ袋配布に加え、エゾロックの未利用材活用の取り組みであるプロジェクト「NINOMIYA」と連動した薪割り体験コーナーや焚き火エリアの運営を行います。ecoについての理解を深めてもらうキャンペーンブースでは、ごみが分解されて自然に還るまでにどのくらいの年月がかかるかを体感的にわかるような情報発信を計画中です。

活動の魅力や醍醐味は?

エコや環境について意識を高められることに加え、3日間でたくさんの人とコミュニケーションができることが大きな魅力だと思います。普段は自分から話しかけるのが苦手という人も、分別ナビゲートをしていれば次から次へと来場者がやってきて、話をせざるを得ない状況です。時間にすればわずか3秒ほどのコミュニケーションですが、繰り返すうちにどんどん上手になって、それを自分でも実感できるはず。自身の意識が変わることで、見える世界が変わったという声も多いです。

読者に向けてメッセージを

エゾロックの環境対策活動は、初フェス、初ボランティアの方を歓迎しています。3日間の野外イベントなのでハードな活動ですが(というか、RSRはお客さんも、出店者も、出演者も全員がハードです)、きちんと寝る場所も確保され、ボランティアとしては参加しやすい環境が整っていると思います。興味のある方は、ぜひ、ここでしかできない体験にチャレンジしてみてください。

参加したボランティアの声

地元開催ながらも参加したことのなかったRSRでしたが、スタッフだけでなく来場者の方々含めて全員でRSRを作り上げているということが感じられました。
ボランティア(10代女性)
初RSRでの初ボランティア。しかもコアスタッフとしての参加。右も左も分からない不安な状態での参加でしたが、他のコアスタッフやボランティアの方々に支えられ、最後まで活動を楽しむことができました。もともと喋るのが苦手だったのですが 、RSRでの活動含めEarth Careの活動を通して、喋ることが好きになりました。
ボランティア(20代男性)

環境対策ボランティア大募集!
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2022 in EZO

全日程コース
8月12日(金)〜14日(日)2泊3日/55名募集
週末コース
8月13日(土)〜14日(日)1泊2日/45名募集
詳細・お申し込みはこちら⇒https://www.ezorock.org/project_c/21754
申し込み締切:7月31日(日)

NPO法人ezorock

2000年に行われたRSRでの環境対策活動をきっかけに設立。山林から未利用の木材を運び出して薪にする「NINOMIYA」というプロジェクトや、道内179の市町村の関係人口を創出する「179リレーションズ」というプロジェクトなど、北海道の地域課題に対して、若者のアイディアやパワーを届ける事業を展開。2006年から環境NGOとして活動し、2013年にNPO法人格を取得。
https://www.ezorock.org/
アルキタもエゾロックの活動をサポート!
環境への意識を高めたいという思いは同じ!アルキタではボランティアの皆さんが着用するスタッフTシャツの提供などを通じて、エゾロックの活動をサポートしています。

ピックアップ情報

最新記事5件

レバンガ北海道の1日短期バイトを募集!【アルキタなまらバイト!】 2022年9月19日 公開

アルキタがレバンガ北海道とコラボして、1日短期の試合会場スタッフを募集。

将来の夢や進路にも影響が!ヤングケアラーが抱える問題と現状とは 2022年7月14日 公開

家庭の事情によって家族のケアをする「ヤングケアラー」が抱える問題と、札幌市の相談窓口を紹介。

フェスで取り組む環境対策活動とは?NPO法人ezorockの草野竹史さんにインタビュー 2022年7月11日 公開

RSRの来場者にはおなじみの「ごみの13分別」についてお話を聞きました。

8月下旬、札幌の狸小路2丁目に「食」満喫の新スポット「狸COMICHI」が誕生! 2022年7月11日 公開

この夏、注目のグルメスポット「狸COMICHI」がオープンします。

アルキタがサポート!「OTO TO TABI Presentsしゃけ音楽会」開催レポート 2022年7月4日 公開

6月11日(土)、12日(日)に開催された「毎年戻ってきたくなる」をコンセプトとした夏フェスです。