アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

バイトがあって今がある Galileo Galilei

2023年10月16日 公開

たとえ華やかじゃなくても、夢への第一歩につながる。

左から岡崎真輝さん(Ba)、尾崎雄貴さん(Vo,Gt)、岩井郁人さん(Gt,Key)、尾崎和樹さん(Dr)
2010年、10代にして鮮烈なデビューを飾り約6年間の活動休止を経て昨年、新体制での活動を始動した北海道・稚内発のロックバンドGalileo Galilei(ガリレオガリレイ)。新十津川で開かれた「SORAON」のステージを終えた彼らに音楽やバイトの経験についてインタビューした。

メタラーの先生との出会いがバンドのキッカケに!

尾崎雄貴さん

ー尾崎雄貴さん、和樹さんはご兄弟ですね。音楽に興味を持った経験を教えてください。
雄貴(敬称略、以下同) 父親が音楽好きで、幼いころから楽器や録音機材が家にあったんです。中学生ぐらいの時に遊びのつもりで僕はギターを、弟の和樹はベースを手に取り、なんとなくレコーディング機材に触れてみたのがきっかけだったかな。
和樹 バンド結成のきっかけは学校の先生との出会いでしたね。当時、僕も兄も吹奏楽部に入っていて、顧問の先生が大のメタル好きで…。
雄貴 そうそう(笑)。それで楽器で遊んでる話をしたらある日突然、部室に呼ばれて楽譜を手渡されたんです。曲はたしか、ビートルズの『LOVE ME DO』だったかな。僕がギター、ベースが和樹で、先生がなぜかボーカル(笑)。
和樹 「先生が歌いたかっただけじゃん!」って笑ったよね。
雄貴 けど「バンドってこんなに楽しいんだ」って二人で感激して、それがバンド結成につながっていったんです。

ーアルバイトの経験は?
雄貴 学校が厳しかったのでバイトはできなくて…。商業系の高校だったので職業体験はしました。観光市場にあった食堂で、ホタテカレーが自慢のお店。人前に出るのが好きじゃなかったから、接客は元気な女の子に任せて、僕はひたすらホタテを焼いていました。
和樹 僕も高校でバイトが禁止されていて、そうこうしているうちにメジャーデビューしちゃったので一度も経験がないまま。学園祭の出し物でお化けの役をやったぐらいかなあ…

雄貴 それはバイトではない(笑)。

調理場で学んだことはスタジオでも生かせる!

岡崎真輝さん

ー岩井さん、岡崎さんのお二人は?
岩井 僕は父が経営していた焼き鳥屋で、高校1年生から3年生までバイトしていましたね。家ではごく普通の父と子の関係でしたけど、店に出ると大将と部下という関係に変わりました。父から仕事論や人生論をたくさん聞かせてもらった記憶があります。
岡崎 僕は専門学生のころ、居酒屋チェーンのキッチン担当をしていました。160席近くある大きな店だったので、忘年会シーズンは大忙し。オーダーが入ると厨房の端末からレシートみたいな伝票が出てくる仕組みなんですが、その用紙が3枚続けてドッと出てくるとなぜか「ドラゴン」って呼ぶんですよ。
雄貴 麻雀の役みたいな(笑)。
岡崎 そうそう。アレを見ると「ドラゴンだ!やるぞ!」って、キッチンが更に熱気にあふれるんです(笑)。

岩井郁人さん

ーそんなバイトが役立った経験は?
岩井 今につながっていると思うのは、社会人としてのマナーや、仕事に主体的に取り組む楽しさを父から教えてもらったことですね。自分が仕事に楽しさを見いだせれば、おのずと「どうすればもっと良くなるだろう?」と思えてくる。もしも自分が楽しめていないのなら、自分から楽しめる方法を模索する。そうやって主体的に動いてこそ本当の仕事だと、父から学びましたね。
岡崎 忙しい店だったおかげで、下準備をしっかりしておいたり、効率的に進めたりする能力が身に付いたかな。レコーディングやライブも料理と同じく、下準備が大事。前日には機材も準備して、楽曲にすぐに取りかかれるよう、そろえておくんです。
雄貴 岡崎くんは昨年加入した一番新しいメンバーなんですが、入った時にはほぼ全部の曲が弾けたんですよ。料理も得意なので、みんな助かってるんです(笑)。
和樹 岩井くんと岡崎くんの二人はメンバーやスタッフさんにメチャメチャ気配り上手だよね。僕は人前に出たり話したりするのが苦手な性格なので、二人を見ているとバイトをしていたら良かったなって思います。

世界のロックスターもバイトがデビューのきっかけに。

尾崎和樹さん

ー雄貴さんもバイトしてみたかった?
雄貴 やってみたかったって思いますね。やっぱり、みんなのバイトエピソードって面白いじゃないですか。世界的なミュージシャンも、昔はライブハウスでモギリをやっていたという経験を聞くと、熱い思いがこみ上げてきますよね。『Bon Jovi』のジョン・ボンジョビも『Oasis』のノエル・ギャラガーもスタジオやライブハウスでバイトして、デビューにつながったなんてエピソードもありますし。
和樹 あれだけ世界的なバンドになるんだから、スゴイよね。自分の新たな可能性を開いたり、自分の知らない一面に気付かせてくれるのがバイトじゃないかな。
岡崎 それで言えば僕、フェスのステージに立つことにあこがれて昔「JOIN ALIVE」の会場受付のアルバイトをしてたんです。今年念願の出演を果たして、大勢の観客をステージから見渡した時は「本当にここに立てたんだ」って、すっごく感激しました。
岩井 まさにバイトがつながってる!
岡崎 たとえ道のりが華やかじゃなくても、願い続けたら夢はかなう。そう教えてくれたのがアルバイトだと思います。
雄貴 自分が目指す道に少しでも近づくには、とにかく行動が必要。夢に少しでも近づくためにいろいろと経験してみることが将来に絶対につながると思います!

Galileo Galileiの思い出バイト

岩井さん/焼き鳥店
音楽にも音楽以外の仕事にも、この時に学んだスタンスが生きています。
岡崎さん/居酒屋のキッチン
大繁盛の店。年末には20人前ぐらいの料理を一気に作ったこともあります。

プロフィール

Galileo Galilei
尾崎雄貴(Vo,G)、尾崎和樹(Dr)を中心に2007年に北海道・稚内にて結成。2010年メジャーデビューし「青い栞」「サークルゲーム」などでヒットを記録。2016年10月に東京・日本武道館でのライブをもって一旦活動を終了したが約6年を経て、2022年10月に尾崎雄貴、尾崎和樹、ベーシストの岡崎真輝、初期メンバーの岩井郁人の4人による新体制での始動を発表。2023年に「Bee and The Whales」をリリースし、全国でライブを行うなど精力的に活動を行っている。
オフィシャルサイト:https://www.galileogalilei.jp/

インフォメーション

●最新リリース情報
New Digital Single
「あえたね」

11月3日より順次劇場公開となる映画『劇場版 僕らのGalileo Galilei 〜会えたね〜』のテーマソング。ツアーで全国を巡りながら、あらゆるところで曲のアイデアを出し合い、少しづつ曲を完成させていった。待ち続けてくれたファンへの感謝を込め、バンドのこれからに対する決意表明ともいえる1曲になっている。

●ライブ情報
Galileo Galilei Tour 2023
"WINTER HARVEST" - 冬の収穫祭 -

11月6日(月)札幌PENNY LANE24
■開場/18:30
■開演/19:00
各種プレイガイドで販売中

バイトがあって今がある

最新記事5件

bokula. えいさん 2024年5月20日 公開

等身大の自分で挑戦する価値を、バイトが教えてくれた。

LUCY IN THE ROOM 2024年3月11日 公開

バイトは、未来の自分を強くする。

FIVE NEW OLD 2023年12月25日 公開

何をしたら観客が喜びを持って帰れるか、その考え方をバイトから学んだ。

GANG PARADE 2023年10月23日 公開

色んな経験が自分の知らない道や、険しい道を進むチカラになるよ!

Galileo Galilei 2023年10月16日 公開

たとえ華やかじゃなくても、夢への第一歩につながる。