アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

バイトがあって今がある GLASGOW

2024年5月27日 公開

バイトは社会人デビュー前のリハーサル!

写真左から、藤本栄太さん(G)、アラタニさん(Vo,G)
オルタナティブなノイズを放つ轟音のギターに叙情的な歌詞、ポップセンスの光るメロディが特徴のバンド「GLASGOW(グラスゴー)」。
4月にはメジャー1stアルバムもリリースし、TVアニメのエンディングテーマを手掛けるなど、今注目を浴びている二人組だ。メンバーのアラタニさん、藤本栄太さんにバイト経験をインタビューした。

高校をサボってライブに行った姿がDVDに

―音楽に興味を持ったきっかけは?
アラタニ(敬称略、以下同) 小学4年生のころだったかな。年上のヤンチャなお兄さんにライブハウスに連れて行ってもらったんです。そこで初めてバンドの生演奏というのを聴いて、カッコ良さに衝撃を受けました。
藤本 僕は小学校の文集に載せる「好きな音楽は?」という欄に、ちょっとカッコつけて『スピッツ』って書いたんです。実はそれまであまり聴いたことがなかったんですけど、書いたからには…と改めて聴いてみたら、めちゃくちゃハマって。今でも一番好きなバンドです。
―バンドを結成したのはいつごろですか?
アラタニ 実は僕たち2人、高校が同じクラスで、部活も同じテニス部だったんです。でも当時は音楽の趣味が合う友達という仲で、音楽をやっていたわけではありませんでした。
藤本 よく好きなCDを貸し借りしたり、ライブに行ったりしたよね。今だから言えることですが、『the pillows』の20周年ライブに部活をサボって行ったら、後日発売されたDVDに僕らが制服ではしゃいでる姿が映ってたことがありました(笑)
アラタニ 藤本からバンドを組もうと誘われたのは大学を卒業する直前でしたね。はじめは公園で2人でギターを持ち寄って一緒に練習して、その後少ししてから本格的にメンバーを集めて動き出しました。

トラブル続きのバイトで冷静さを学ぶ!?

藤本さん

―初めてのアルバイトについて教えてください
アラタニ 僕も藤本も大学1年生のころです。当時、大手飲食チェーンのお店が近所にできることになって、オープニングスタッフを募集してて。そこに藤本や友達みんなで応募したのが初めてでした。2人とも、昼も夜も色んなバイトを掛け持ちしてたよね。
―その中で印象に残ったバイトは?
アラタニ 僕は部活の経験を生かしてテニスのインストラクターをしてました。朝の6時半から夕方まで働いて、夜は飲食店にそのまま走って。大変だったけど、幅広い年代や属性の人とかかわれたことが学校では得られない経験になりました。
藤本 僕が印象深いのはカラオケ店でのバイトです。南国リゾートをコンセプトにしたお店で、あいさつは必ず「いらっしゃいませアロハ〜」って言う決まりがあったんです。
アラタニ あったあった。めっちゃ真顔で言ってたよね(笑)
藤本 で、深夜帯だったので、時々酔っ払ったお客さんとトラブルになるんですけど、どんな時でも最後は必ず真顔で「ありがとうございましたマハロ〜」って言わなきゃいけなくて。何があっても動じない冷静さをバイトから学びました(笑)
アラタニ あと飲食店で「お米事件」も起きたよね。あの時も藤本、冷静だったもん。
藤本 たくさん予約が入った日、開店の直前になって炊飯器のスイッチを押し忘れたことが発覚して…。慌てて店長に「どうしましょう!?」って相談したら、炊飯釜を渡されて「商店街回ってこい!」って。色んなお店を尋ねては「お米を恵んでください」と頭を下げて対応しました(笑)。

真剣に打ち込んでこそ、得られる価値がある!

アラタニさん

―バイトが音楽活動に役立っていることって?
アラタニ テニスインストラクターのバイトは生徒たちの〝お手本〟として、生徒たちがズラーッと並ぶ中でプレーを披露する機会が多くて。初めは緊張しましたけど、この経験のおかげで今、ステージ上で緊張しない度胸が身に付きましたね。
藤本 僕は飲食店でバイトリーダーに選ばれたんです。でもバンドとして人に動いてもらう時に、きちんと納得できるように説明するとか、みんなを巻き込む力が身に付いたなって思います。時給はみんなと一緒だったけど(笑)
アラタニ 曲作りやライブの時も、メンバーみんなを巻き込んでくれる感じだよね。グイグイ引っ張るタイプじゃないけど、ちょっと頼りなくても誠実だからみんなが応えてくれる。その力はバイトだからこそ鍛えられたんだろうなって、彼を見ていると実感するんです。
―アルキタ読者にメッセージを!
アラタニ どんなバイトも真剣にやると、絶対に将来につながるよ。今、仲間と一緒に音楽に打ち込めることも、ライブ会場やレコーディングスタッフと仕事をするための常識や知識が身に付いたのも、バイトに真剣に取り組んだ結果得られたものだと思うんです。
藤本 バンドデビューでも就職でも、学生を卒業した時に必ず社会っていうものに直面します。その一歩手前の〝リハーサル〟として、バイトは絶対に経験しておいたほうが良いと思います。
―最後に、新譜のPRを!
アラタニ 「NOW I SAY」のタイトル通り、僕たちが今伝えたいことをすべて詰め込んだアルバムです。特に、感傷的な気分の時に聴いてほしいかな。「頑張れよ」って応援するんじゃなくて、そっと寄り添ってくれるような仕上がりになったと感じてます。サブスクで聴く時も、できれば1曲目から通しで全部聴いてもらえるとうれしいな。
藤本 僕らの曲はオルタナティブやインディーって呼ばれる、ちょっとマイナーなジャンルに影響を受けていますけど、この新譜はどんな音楽を好きな人も引き付けられる自信があります。普段ポップスしか聴かない人もぜひ、聴いてほしい一作です。
―ありがとうございました!

GLASGOWの思い出バイト

藤本さん/大手チェーンの飲食店
バイトリーダーを務めたお店。大手だけあってシステムがきちんとしてて、世の中こんな風に仕事が回ってるんだと学びになりました。「お米事件」の対応方法は予想外でしたけど(笑)
アラタニさん/テニスインストラクター
教え子は小さな子であれば5歳から、シニアは90歳まで。他にも地元でお店をやってる方とか、近所に住んでる人とかさまざまな方がいて、学校以外で人と仲良くなる初めての経験でした。

プロフィール

GLASGOW
東京を拠点に活動するロックバンド。2018年タワレコ渋谷とインディーズ通販サイトにて、自主制作盤で2枚のCDが累計売上1000枚以上を記録し、同店舗未流通CDランキングで週間1位を記録。2019年12月に自主レーベル“whiteluckrecords”を立ち上げる。2021年にはTOKYO FM主催のオーディションで優勝。2024年1月にはテレ東系のTVアニメ「休日のわるものさん」のエンディング主題歌を担当。オルタナティブな轟音と美しいメロディと抒情的なリリックで、どこか懐かしさを感じさせる楽曲で幅広いリスナーから支持されている。
オフィシャルサイト:https://whiteluck-records.com/

インフォメーション

●最新リリース情報
メジャー1st Album「NOW I SAY」

■VPCC-86492¥2,750(税込)
メジャーデビューを果たしたGLASGOWが「今、伝えたいこと」を表現したメジャーファーストアルバム。主題歌を務める現在放送中のTVアニメ「休日のわるものさん」のEDテーマ『休息充電』、テレビ埼玉の浦和レッズ応援番組「REDS TVGGR」の新EDテーマとなる『SEABISCUIT』を含む全13曲を収録。

バイトがあって今がある

最新記事5件

キュウ 2024年7月22日 公開

「好き」をあきらめないために嫌いな経験も積んでおこう!

I Don't Like Mondays. 2024年6月24日 公開

バイトが音楽と自分たちをつなげてくれた。

PSYCHIC FEVER from EXILE TRIBE 2024年6月17日 公開

バイトがくれたのは、初めてのことに挑戦する勇気。

YUTORI-SEDAI 金原遼希(きんぱら はるき)さん 2024年6月3日 公開

汗だくになって重い物を運び、筋肉痛に苦しんだことだって、いい思い出。

GLASGOW 2024年5月27日 公開

バイトは社会人デビュー前のリハーサル!