札幌のバイト情報アルキタから
学生歓迎のみの求人をピックアップ

2020年4月1日 公開

FANTASTICS from EXILE TRIBE

バイト仲間との絆は、
今でも続いているよ。

FANTASTICS from EXILE TRIBE
写真左から堀夏喜さん、瀬口黎弥さん、木村慧人さん
ダンス&ボーカルグループの超新星「FANTASTICS from EXILE TRIBE(ファンタスティックス・フロム・エグザイル・トライブ)」パフォーマーの瀬口黎弥さん、堀夏喜さん、木村慧人さんにアルバイト経験を直撃!

山ほど揚げた唐揚げ。
山ほど食べた唐揚げ!?

―ダンスを始めたきっかけは?
堀(敬称略・以下同) 小学2年生のころ、幼馴染と一緒に近所のダンススクールに通い始めたことです。最初は親にすすめられた習い事でしたが、チームでコンテストに出場するうちに、いつしか「本気の勝負」としてのめり込むようになりました。
木村 僕も似たような感じです。7歳のころに母が働いているフィットネススタジオのダンスレッスンで、遊び感覚で踊るようになりました。でも、ダンスの世界は奥深くて、ステップを踏めば踏むほどハマっていきました。
瀬口 自分は二人よりもかなり遅く、高校時代から始めました。きっかけは、テレビで見た「オカザイル」。岡村さんがキレキレのダンスをする姿にあこがれ、卒業後は「EXPG STUDIO(ボーカル&ダンススクール)」に通おうと決めました。
―バイトの経験はある?
瀬口 それこそ、高校時代にダンスのレッスン代を稼ぐためにバイトを始めました。最初に働いたのは引っ越し屋さん。自分にとって初めてのバイトということもあり、始まるまでは毎日だって働けると思っていました。でも、いざ働いてみると、体力的にめちゃくちゃキツくて(笑)。それでも春休み期間に週5日シフトに入り、一気に稼ぐことができました。
堀 僕も高校時代にテイクアウトの唐揚げ店でバイトをしました。勤務中は鶏肉をひたすら揚げ続けるという感じです。お店の造りはオープンでクーラーもなかったため、夏は地獄のように暑いし、油は跳ねるし、かなりハードな環境だったと思います。ただ、賄いとして唐揚げを山ほど食べられたのが良い思い出です(笑)。
木村 いいなぁ、賄い。僕はバイト経験がないんですが、チャレンジするなら飲食店が良いと思っていました。調理技術や礼儀も学べるし、何より賄いという響きが魅力的(笑)。

上品な配膳から一転、
汗だくの撤収へ!

―印象的なバイトって?
瀬口 高校卒業後に上京し、「EXPG STUDIO」に通い始めました。当時は生活がかなりカツカツだったので、時給の高いブライダルのバイトに応募し、配膳スタッフとして働きました。挙式の最中はカチッとしたスーツに身を包み、料理を上品にサーブする一方、撤収の時は一気に汗だくに(笑)。次の挙式に向けて素早くセッティングしなければならず、テーブルを4つ抱えて運ぶこともありました。ハードな仕事ではありましたが、礼儀作法や人との接し方を学べた職場でした。
堀 僕は地元の名古屋で「EXPG STUDIO」に通い、最初は一般の生徒としてレッスンを受けていました。特待生(育成候補生)オーディションに合格してほどなく、「そろそろ教える側にも回ってみては?」という打診があり、小学生以下のクラスを受け持つインストラクターのバイトを始めました。基礎技術に加え、自分で考えた振り付けも数多く教えることになったため、改めてダンスを研究しました。
―アーティストとしてデビューするまでの期間は辛くなかった?
堀 自分は学生のころからダンス漬けでしたし、インストラクターのバイトも踊りが中心なので、好きなことができているという感覚だったと思います。そんなふうにダンスに打ち込んでいるうちに、自然とアーティストへの道筋が見えてきました。
瀬口 上京したばかりのころはバイトに行ってからダンスのレッスンを受け、さらに深夜から朝方までイベントで踊ることもありました。今振り返ってみるとハードではありますが、夢を絶対に叶えてやるという気持ちのほうが強かったです。
木村 一般生として「EXPG STUDIO」に通っていたころ、「GLOBAL JAPAN CHALLENGE」というオーディションに挑戦しましたが、残念ながら合格することができず…。その悔しさがバネになり、「ダンスで生きていくんだ」と決意を新たにした結果、特待生にステップアップすることができました。辛いという感覚はなく、根拠のない自信が自分を突き動かしていたと思います。

ダンスを教えることで、
自らもレベルアップ!

―今に生きたバイト経験は?
瀬口 上京して来たばかりのころは、知り合いも友人もゼロ。その中でバイトを始め、同年代の同僚や先輩方と絆を深められたことが心強かったです。ファッションの話で盛り上がったり、時にはプライベートでも一緒に出かけたり、人間関係の大切さを学んだ気がします。今でもバイト仲間とは連絡を取ることも多いです。
堀 僕はやはりダンスレッスンのインストラクターです。生徒さんを上達させるにはどうすべきか論理的に考えた経験が、自分の表現のレベルアップにもつながりました。教えたことが間違っていると生徒さんのダンス人生にも影響を与えかねないので、普段はおろそかにしがちな基礎の基礎をキッチリ勉強したことも今に生きています。
―最後に木村さんから若い世代へのメッセージを!
木村 若いうちは夢を追うことに不安や迷いがあると思います。けれど、やりたいことに向かって努力するうちに、周りの人も必ず手を差し伸べてくれるはずです。僕の経験でいえば、家族が「EXPG STUDIO」に通うことを後押ししてくれましたし、インストラクターが一生懸命練習する様子をキチンと評価してくれました。だから、夢を追う力は何よりも強いと信じています。

FANTASTICS from EXILE TRIBEの思い出バイト

瀬口黎弥さん/引っ越し屋
高校生のころに始めたバイト。初のバイト代を手にした時、自分を養ってくれている両親のスゴさを感じました。
堀夏喜さん/唐揚げ店
メンバーの中尾翔太が紹介してくれたバイト先です。1日に何百という数の唐揚げを揚げていました。

プロフィール

FANTASTICS from EXILE TRIBE
EXILEのパフォーマーの世界、佐藤大樹をリーダーとし、ダンス&ボーカルスクールのEXPG STUDIOから選出されたメンバーを加えたパフォーマー集団として2016年12月に結成。2018年12月にシングル「OVER DRIVE」でメジャー・デビュー。
オフィシャルサイト:https://m.tribe-m.jp/

インフォメーション

●最新リリース情報
5th Single
「Hey, darlin’」

■CD+DVD RZCD-77130B/2,000円(税込)
■CD RZCD-77131/1,400円(税込)
恋の始まりを描いた大人のリリックと、テンポの良いダンスミュージック調のサウンドが特徴的。クールでスタイリッシュな新たな一面を表現する楽曲。

バイトがあって今がある
最新記事5件

FANTASTICS from EXILE TRIBE 2020年4月1日 公開

バイト仲間との絆は、今でも続いているよ。

タレント 上原 りささん 2020年3月23日 公開

バックコーラスのバイトでも、意識は「プロ」でした。

ソナーポケット 2020年3月2日 公開

夢や目標から逆算すると、バイトも選びやすいよ!

TOMATO 2020年2月3日 公開

バイトで失敗したって 「ゴメンナサイ」でイイじゃん!

teto Vo.&G. 小池 貞利さん 2020年1月20日 公開

言葉にすると簡単だけど「諦めないこと」ってやっぱり大事なんだと思います。