アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2016年4月11日 公開

Silent Siren

バイトは将来の夢が見つかる
きっかけにだってなる場所。

左からすぅさん(吉田菫 Vo./Gt.)、ゆかるんさん(黒坂優香子 Key.)
撮影協力/〜tilde〜(札幌市中央区南3条西1丁目 タカラビル1F)
今注目のガールズバンド「Silent Siren(サイレントサイレン)」。今回は4人のメンバーからすぅさんとゆかるんさんが登場し、キュートな笑顔とアルバイト経験を披露してくれた。

二人の初バイトは高校時代
けれど時給に大きな差!

メンバー全員が読者モデル出身という異色のガールズバンド「Silent Siren」。抜群のルックスもさることながら、多彩な演奏テクニックや心をつかむライブパフォーマンスなど、確かな実力で人気を獲得してきた。ファンとの距離の近さも魅力の一つで、“サイサイ”として親しまれている。
バンドの結成は2010年。すぅさんとドラムのひなんちゅさんが、読者モデルの撮影現場で顔を合わせた時、好きなバンドの話題で盛り上がったのがきっかけだ。お互い高校時代にバンド経験があったこともあり、“一緒に組んでみようよ!”と意気投合するまでに時間は掛からなかった。
「バンドもそうだけど、初めてバイトをしたのも高校時代。高校生になったら経験しておかなきゃって気持ちもあったし、親にお小遣いをもらいたくなくて。自分で使う分のお金は自分で稼ごうと思って、ファミレスのホールスタッフに応募しました」
澄んだ瞳で宙を見上げ、高校時代を振り返ったのはすぅさん。すかさずゆかるんさんが「エラい! 親孝行だね」と合いの手を入れたところ、「う〜ん…でも、周りの友達もバイトを始め出してたから、何もしてないと気まずかったっていうのもあったかな(笑)」と本音ものぞかせた。
ゆかるんさんの初バイトも高校時代。友人に誘われて、地元埼玉のスポーツ用品店でオープニングスタッフとして働き始めた。
「友だちと一緒っていうのも心強かったし、オープニングスタッフだからか時給が1000円くらいと高額だったのも魅力でした(笑)」
ゆかるんさんの言葉に「え! 高くない!? 私なんて、680円だったよ〜」とすぅさんが目を見開いて驚いた後、二人は顔を見合わせて笑った。メンバー間の仲の良さがうかがえる。

バイトの苦い経験を、
バンドの物販に生かす!?

すぅさんは、高校生のころにもう一つバイトを経験している。職場は地元福島の小さなショッピングモールに入居している電器店だった。
「町の人気スポットだから友達もたくさんバイトをしていて、私もやってみようって感じで。レジ係だったから難しい作業はあまりなかったし、先輩やお客さんとも仲良しになれましたね。特におじいちゃんの常連さんに可愛がってもらえたかな(笑)」
ゆかるんさんは深くうなずきながら、「すぅの末っ子的な愛されキャラはそのバイトで養われたのかもね」と冗談を交えてこう続けた。
「私もスポーツ用品店でレジを担当してたけど、お客さんの列が出来たら早くしなきゃって、気持ちばかり焦っちゃって。ウエアを雑にたたんでお客さんに渡してしまった時、店長に“君から見たら多くのお客様の中の一人でも、お客様にとっては君がお店の代表。もっと気持ち良く買い物をしてもらえるようにならなきゃ”と注意されました。それからは、一つひとつ丁寧に作業しようと心掛けるようになったんです。おかげで今は服をたたむのが超早くてキレイ…って自慢になるのかな? これ(笑)」
ホロ苦いエピソードを語ったゆかるんさんに、すぅさんは「でもでも、バンドTシャツを袋詰めするのとか上手そう! サイサイの物販に生かしてみたら?」といたずらっぽく笑ってフォローした。

読者モデルとスタジオと
学校で大忙し!

すぅさんも、ゆかるんさんも、大学進学で上京し、ほどなくして読者モデルにスカウトされた。撮影には基本的に私服で参加するため、「大量の洋服を持ち歩くこともあって意外と体力勝負なんですよ」とゆかるんさんが読者モデル秘話をチラリ。
「バンド初期のインディーズ時代はとにかくお金がなくて…。読者モデルの撮影代をいただいたら、その足でスタジオに向かって封筒から料金を支払ってました(笑)。当時は月に1〜2回のライブに向けて、週に3〜4日はスタジオで練習。もちろん学校も読者モデルも続けてたから、何もない日ってなかったんです」と話すのはすぅさん。そんなに忙しくても頑張れたのはなぜ? 思わず口をついた疑問に対し、真剣な眼差しで当時の心境を語った。
「最初は趣味くらいの気持ちでサイサイを始めたけど、このメンバーならプロになれる、ずっと楽しく音楽を続けられるって、徐々に熱くなってきたというか。あと、以前は読者モデルというフィルターがコンプレックスで…。周りに“読モがお遊び程度で音楽をやってる”と思われたくないって理由もあって、必死で練習しました。今となっては知ってもらえる機会が増えたことに感謝感謝です」
この日の取材を締めくくったのはゆかるんさん。読者へのエールともなる言葉を贈ってくれた。
「バイトは家と学校の他に、もう一つ新しい世界を開いてくれる場所。年齢もバックグラウンドも違ういろんな人と接すると、自分の経験値が高まると思うんです。それに読者モデルをバイトと捉えるなら、私はベースのあいにゃんと出会ったことで、サイサイに誘ってもらえました。バイトは将来の夢が見つかるきっかけになるかもしれませんよ」

★Silent Sirenの思い出バイト★

すぅさん/ファミレス
最初は怒られたりしたけど、助けてくれる先輩がいたおかげで頑張れました!人の顔を覚えるのも得意になったかも。
ゆかるんさん/スポーツ用品店
サッカーのジャージとか野球のアンダーシャツをたたみまくっていたおかげで、家でも洗濯物を超手早くしまえます(笑)!

<プロフィール>
Silent Siren

すぅ(吉田菫 Vo./Gt.)、ひなんちゅ(梅村妃奈子 Dr.)、あいにゃん(山内あいな Ba.)、ゆかるん(黒坂優香子 Key.)の4名からなるガールズバンド。2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。全員が読者モデル出身。2015年にはガールズバンド史上最短で日本武道館でのワンマンライブを開催。数々の大型フェスにも名を連ね、ガールズバンドとしての確固たるボジションを獲得。

<インフォメーション>

●最新リリース情報
メジャー4thアルバム「S」
■初回限定盤/MUCD-8070/1 3,426円(税抜)
■通常版/MUCD-1344 2,667円(税抜)
●ツアー情報
Silent Siren Live Tour 2016
「Sのために Sをねらえ! そしてすべてがSになる」

6/11(土)小樽GOLDSTONE
開場 17:30 開演 18:00
6/12(日)札幌市教育文化会館 大ホール
開場 17:00 開演 18:00

お問い合わせ/WESS TEL:011-614-9999

バイトがあって今がある
最新記事5件

COLOR CREATION 2019年11月4日 公開

ちょっとやそっとで折れない心を培ってくれたのがバイト!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2019年10月21日 公開

バイト先でお客さんに喜んでもらうのって、エンタメと一緒だと思う。

感覚ピエロ 2019年10月7日 公開

まず一歩を踏み出さないと、何も始まらないよ。

ラッパー/シンガー ちゃんみなさん 2019年9月23日 公開

バイトで得られた経験は、時給の何億倍もの財産!

lol(エルオーエル) 佐藤 友祐さん 2019年9月9日 公開

目的を明確にすると、モチベーションもアップ!バイトは楽しくやらなくちゃ!