アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2016年4月4日 公開

Charisma.com

バイトの経験で
自分の向き不向きもつかめました。

左からMCいつかさん、DJゴンチさん
撮影協力/Sixth Sense(札幌市中央区南3条西3丁目9-1 岩本ビルB1) 
“毒っ気”のあるリリックや野太いサウンド、独創的なパフォーマンス。音楽への感度が高い人に圧倒的な支持を得ている「Charisma.com(カリスマドットコム)」。“現役OL”としても働く二人のアルバイト経験とは?

二人の高校はバイトNG…だったけれど!?

働く女性の等身大の視点から繰り出される“毒のある”詞と、エレクトリックサウンドの融合が話題を呼んでいる「Charisma.com」。MCいつかさんもDJゴンチさんも、アーティスト活動以外は事務職としての仕事を持つ現役OLだ。
ラジオ収録やイベント出演など忙しいスケジュールの合間を縫って登場してくれた二人。攻撃性の高い音楽を届けていることから取材陣にも緊張が走ったが、「よろしくお願いします」の言葉と笑顔にホッと一安心。さっそく初バイトの思い出から振り返ってもらうことにした。
「私の高校はバイトNGだったんですが、父の会社が小さなドラッグストアを経営していて親の仕事を手伝ってるって体で働き始めました(笑)。目的があったというよりは、別の高校に進んだ地元の友達の中にもバイトを始める人が多くて、単純にあこがれがあったんですよね」
MCいつかさんが校則にギリギリ触れないバイト経験を語った一方、DJゴンチさんは「高校時代は川崎の工場で短期バイトをやりました。ひたすら荷物を梱包して運ぶ作業は体力的につらかったなぁ。私もいっちゃん(MCいつかさん)と同じ高校に通ってたからバイト禁止だったけど、ま、もう時効ですよね」といたずらっぽく笑った。
初めて自分で稼いだバイト代の使い道は二人とも全く覚えていないそう。「多分、しょうもないことに使ったんでしょうね、私のことだから」とMCいつかさんが自身に“毒”を向けた。

かつてのバイト仲間が、テレビ局の楽屋に花束を!

大学に進んだMCいつかさんは音楽活動を始める傍ら、アルバイトをスタート。選んだのは中学受験に向けた進学塾の受付だった。幼なじみが働いていて、時給が良く残業も少ないと誘われたことがきっかけだ。
「いざバイトを始めてみると、聞いてたようにラクじゃないじゃんって(笑)。入塾の手続きとかで親御さんと先生の間を取り持つことも多く、かなり気を遣うんです。ただ、先輩方の人柄が本当に良くて、バイトスタッフが手こずる事態が起きた時には忙しくても対応してくれたり。そんな姿を見ているうちに責任感が芽生えて、“先輩、その仕事やるっす”って自発的に行動するようになりました」
仕事を任されることにやりがいを覚え、職場の雰囲気も馴染みやすかったため、MCいつかさんは大学卒業後に正社員としてそのまま就職。当時の仲間たちは今でもライブに顔を出し、テレビの音楽番組に出演した際には楽屋に花束を贈ってくれたとうれしそうに微笑む。
一つのバイトを長く続けたMCいつかさんに対して、DJゴンチさんは数多くの職場を経験。驚くことにその理由は「なぜかバイトを始める先々でお店がつぶれちゃって…」と苦笑い。MCいつかさんは「ゴンチが続かないだけじゃないの? それか自分がサボってるからつぶれるとか」と鋭いツッコミで笑いを誘う一幕も。とはいえ、不動産会社の建物を管理するバイトは経営が傾くこともなく、長く続けられたという。
「私、数字の入力ミスや処理の遅さでいつも先輩に怒られてたんです(笑)。だけど、辞めることを伝えた時に、“もうちょっと続ければいいのに”と言ってくれたのはホロリとしましたね」

バイトで怒られておくと、
社会に出た時につらく感じないはず

MCいつかさんは進学塾の職場からハワイ雑貨を扱うメーカーの事務員に転職。「Charisma.com」の活動が注目され、メディアへの露出も増えたことから、迷惑をかけないようにという苦渋の決断だった。ところで、現在の会社はアーティスト活動に寛容なのだろうか。
「面接で音楽活動をしているって正直に言ったんです。実は社長が過去にレコード会社で働いていたということもあって、かなり理解も協力も得られています。だけど、私たちは昨年メジャーデビューして、この1年が真価を問われる時期だと思っているので、音楽に打ち込む片手間のようにOLを続けるのも会社に甘え過ぎなのかなって…」
事務の仕事にも音楽活動にも真剣に取り組んでいるからこそ、二足のわらじを履くことに悩んでいるのだろう。最後は読者へのメッセージで締めくくってもらうことにした。
「私みたいにいろんなバイト経験を積んでおくと、向き不向きも分かるはず。中学時代はいっちゃんと同じダンス部だったので、人前でもウワーッて出来ると思ってたけど、バイトを始めてみたら接客よりも事務が自分に合ってるかな〜と感じましたね」
DJゴンチさんの言葉に「部活は皆がいたから平気だったんじゃない? それと、今も人前に出てるんだけど…」とまたもやツッコんでこう続けた。
「バイトで怒られておいたほうがいいと思います。じゃないと社会人になってから、すべてがつらい出来事に感じちゃうから。つい最近も妹の友達が“職場で怒られた…もう辞めたい”とグチをこぼしてたから、“何言ってんだ!自分の役に立つことなんだぞ”ってカツを入れましたよ(笑)」

★Charisma.comの思い出バイト★

MCいつかさん/進学塾
中学受験を控え受付の私にまで頼ってきてくれる子どもはカワイイけど、中にはテストの出来が悪くて泣き崩れちゃった生徒も…。
DJゴンチさん/不動産会社
大家さんとお客さんの間に挟まれて大変でしたが、バイト代でDJ機材を買いました!カードの10回払いを使ったんですが(笑)。

<プロフィール>
Charisma.com

2011年に結成。MCいつかとDJゴンチによるエレクトロラップユニット。YouTubeに投稿した動画が話題を呼び、2013年『アイアイシンドローム』にて現役OLラップユニットとしてデビュー。2014年には待望の1st フルアルバム『DIStopping』をリリース。2015年に満を持して『OLest』でワーナーミュージック“Atlantic Japan”よりメジャーデビュー。

<インフォメーション>

●最新リリース情報
「愛泥C」
■通常盤/WPCL12323 2,160円(税抜)
■タワーレコード限定/WPCL-12324 2,160円(税抜)

バイトがあって今がある
最新記事5件

-KARMA- Vo. 畑山 悠月さん 2019年12月2日 公開

バイトは青春の1ページだった。

ヒステリックパニック Vo.ともさん 2019年11月18日 公開

人生って、思ったよりやり直しがきくもんだって、改めて思います。

COLOR CREATION 2019年11月4日 公開

ちょっとやそっとで折れない心を培ってくれたのがバイト!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2019年10月21日 公開

バイト先でお客さんに喜んでもらうのって、エンタメと一緒だと思う。

感覚ピエロ 2019年10月7日 公開

まず一歩を踏み出さないと、何も始まらないよ。