アルキタは札幌市内・近郊のアルバイト・バイト・パート情報や正社員・契約社員の求人情報を配信中

2014年9月22日 公開

ミュージシャン leccaさん

若い時の失敗を恐れないで。
体裁や責任を考えるのは、もっと先で良い。

ミュージシャン leccaさん
大型野外フェスにも引っ張りだこ! 歌詞に込められた熱く人間味豊かなメッセージそのままに、包容力に満ちた人柄でも知られるleccaさん。大学時代からシンガーとして活動し、海外での武者修行も経験した行動力あふれる彼女のアルバイト体験とは…?

楽しさの中にも
「社会に出る」意味を知ったアルバイト

いつも凛として前を向き、力強い眼差しでまっすぐに相手の目を見つめながら話すleccaさん。この夏にリリースした最新アルバム「toughVillage」では、誰をも決して否定することのない熱くほとばしり出るような「肯定」のメッセージを伝えている。
「中学・高校と女子高で、私、熱血陸上女だったんですよ(笑)。毎年5月に学年対抗の体育祭があるんですけど、一年かけて応援団を結成して各学年本気でぶつかるんです。もう一年中、応援歌を考えて体育祭準備で頭いっぱいみたいな生活。最初のアルバイトは高校1年生の時でしたね。このころから音楽への興味はあって、レコードを買うお金が欲しくて。冬の間だけ、ファストフードでアルバイトしたんです。冬の終わりと共に去ったものだから、『そういえばあの子、冬季限定バーガーが大好きだったから、あれがある期間だけバイトしてたのかな』なんて言われたみたいですよ」
まだ「働く」ということに深い自覚はなく、今にして思えばずいぶん甘えもあったかな、と振り返る。本格的なアルバイトは大学時代に働いた居酒屋チェーン店で「高校時代より少し大人になった分、いろいろ勉強出来たと思っています。人前に出るというのはそこの顔になることなんだって気付いたのもこの時。『社会に出た』とまで言ったらちょっと大げさだけれど、それでも自分のためだけではなく、その場所のためにそこにいるんだ、という感覚はある種の緊張感みたいなものを与えてくれました。覚えることも多いし、お客さんに怒られることだってありますから。…と言っても、とにかく楽しかったですよ。アジア系料理の店だったので、料理もたくさん覚えて、知らないレシピや食材にたくさん出会って。ゴイクン(タイ風生春巻き)っていうメニューがあったんですけれど、休憩時間にみんなで春巻きの皮をマキマキしながらおしゃべりしたのも楽しい思い出です」

多くの体験から知った
人の心の痛みや思いやる心の大切さ

また、学習塾でのチューター(個別に質問に答えたり、進路や勉強法の相談に乗る仕事)経験も豊富で「高校3年の女の子から進路相談を受けて、家まで行って話を聞いたこともありましたね。『ここの大学に行きたいんですけど、どうしたら良いですか?』って聞かれて『これとこれが出来てないから、今何をやれば良いか分かるよね?』ってアドバイスしたり、いろんな悩みを聞いたり…」と笑いながら話すleccaさんは、まさに頼れる先輩といった貫禄。音楽活動も始めながら求人情報誌のほか、大学の掲示板なども活用し、試験監督、受験対応の教科書づくり、進学塾の電話相談員の仕事などもこなしてきた。やがてライブ回数も増えてくると、休みを取りやすい仕事を探すことが多くなり「深夜の繁華街での飲食店なども含めて、とにかくいろいろなことをしましたよ。そんな中で、いろいろな人に出会って、知らなくても良いような人や社会の側面を見たこともあったし…」とleccaさんは言う。
けれど、そんなさまざまな体験を通じて学んだのは「そちら側に立って考える」ということ。営業関係の電話が掛かってきた時には、電話相談員のアルバイトをしていた時の体験や気持ちを思い出し、ファストフード店を訪れた時には、自分がそこで働いていた時の気持ちを思い出す。「一緒に行った友達がキツいクレームをつけてるのを見て『その言い方はないんじゃない』なんて口出してうっとうしがられることもあるんですけれど(笑)。そんな体験を通じて、日々の生活の中で感じる自分の限界や不安に寄り添うような、きれいごとだけじゃない歌詞が書けるようになってきたと思うんですよね。18歳、19歳のころには絶対に書けなかったような、地べたをはうような生活の中で心の底からこみ上げて来るような歌詞が」

失敗を恐れずに
今だから出来る経験をうんと積み重ねて!

そんなleccaさんが「若いうちにぜひしておいてほしい」と願うのは失敗を恐れることのないチャレンジ。
「いろいろなことをしてほしいですね。団体やソサエティに所属してみることも含め、経験を恐れないでほしいと思います。人生の中で失敗しても良い時期は限られていて、これをしたらアブナイとか、体裁や責任のことを考えなければいけないのはもっと先の話だと思うんです。特に女の子は好きなだけ恋愛の失敗をしておいたほうが良いかな。年齢が上がってからの恋愛の失敗は…。シャレにならないですから(笑)」

★leccaさんの思い出バイト TOP3★

塾のチューター
後輩高校生たちに勉強の仕方を教えたり進路相談に乗ったり。「姉貴」的存在として頼られるのはこのころから!
電話相談員
電話の向こう側、顔の見えない相手との会話は難しいもの。相手の立場に立って考えることの大切さを知りました。
ファストフード
軽い気持ちで始めた人生初バイト。今にして思えば若さゆえに許された失敗も多かったかも。反省点が多々あります。

<プロフィール>
lecca

大学在学中の2000年からシンガーとして活動を開始。卒業後はニューヨーク、トロントに滞在し、現地アーティストとの楽曲制作、現地クラブでの活動などを行う。2005年フル・アルバム「烈火」にてインディーズ・デビュー。2012年5月日本武道館公演を成功させる。今年8月のアルバム「toughVillage」リリースを記念し、11月からは全国ツアーを開催予定。

<インフォメーション>

●最新リリース情報
ニューアルバム「tough Village」
■CD+DVD CTCR-14831/B 3,456円(税込)
■CD CTCR-14832 3,024円(税込)

●ライブ情報
lecca LIVE TOUR 2014-2015
“tough Village” 〜the intention〜 ※BAND SET

12/23(火・祝)Zepp Sapporo
開場/17:00 開演/18:00 
チケット代/前売り 5,800円(税込/ドリンク代別)
一般発売日/2014年11月22日(土)予定
※6歳以上チケット必要 ※1Fスタンディング・2F指定
【お問い合わせ】マウントアライブ 011-211-5600

●ツアー特設サイト
http://www.artimage.co.jp/lecca2014-15/

●オフィシャルサイト
http://avex.jp/lecca/

バイトがあって今がある
最新記事5件

COLOR CREATION 2019年11月4日 公開

ちょっとやそっとで折れない心を培ってくれたのがバイト!

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 2019年10月21日 公開

バイト先でお客さんに喜んでもらうのって、エンタメと一緒だと思う。

感覚ピエロ 2019年10月7日 公開

まず一歩を踏み出さないと、何も始まらないよ。

ラッパー/シンガー ちゃんみなさん 2019年9月23日 公開

バイトで得られた経験は、時給の何億倍もの財産!

lol(エルオーエル) 佐藤 友祐さん 2019年9月9日 公開

目的を明確にすると、モチベーションもアップ!バイトは楽しくやらなくちゃ!